【クアラルンプール】中華街のリノベーションカフェ

公開日 : 2023年11月01日
最終更新 :

クアラルンプールの街は現在の中華街のあたりから始まったと言われています。
古い街並みが残る一方で、数年前まで一部の建物は朽ちてしまったものも多く、見た目にも治安的にも問題があったとされていました。

完成すると中東ドバイのブルジュ・ハリファ世界で2番目に高いビルとなるメルデカ118(Merdeka 118)の建設が決まり周囲が再開発されると、カフェや飲食店などがあえて外観そのままの古いショップハウスに入居し始めます。
内観はおしゃれで映えるようなコンセプトだったり、屋号も出ていない隠れ家カフェだったりと話題になりました。

柱に残る古き時代の面影
柱に残る古き時代の面影

そのメルデカ118(Merdeka 118)のほぼ目の前といってもいい場所にあるカフェがヴィンテージ1988(Vintage 1988)です。全体的にリノベーションされていますが、時代を感じさせるショップロットにあることがわかります。そしてやはり目を引くのが内装です。
レトロ家電などのディスプレイもありますが、トイレの洗面台などは当時の面影そのままを敢えて残してあるのかなと思わせます。

ショップロットは間口は狭くても奥に長い
ショップロットは間口は狭くても奥に長い
どこかなつかしい感じがするレトロ家電
どこかなつかしい感じがするレトロ家電

もちろん映えるだけのカフェではありません。
自家焙煎のコーヒーとローカルテイストの入ったバーガー類、ヴィーガンメニューもあることが人気です。
ランチタイムはかなり混むので時間を外していくのがおすすめです。

オーダーは増えてきたQRコードで支払いもそのまま電子決済やクレジットカードなどで済ませることができます。
QRコードをスキャンしてメニューを見て注文。
その後決済します。

生パスタを使ったピリ辛シーフード味
生パスタを使ったピリ辛シーフード味
涼しげな緑の野菜スムージー
涼しげな緑の野菜スムージー

こちらはバラド・シーフード・アーリオ(Balado Seafood Aglio)。
エビとあさりがたっぷり入ったピリッと辛いスパイシーなパスタです。
さっぱりとした野菜系のスムージーと合わせました。

カウンター席もゆっくりとくつろげる空間
カウンター席もゆっくりとくつろげる空間

カウンター席には電源もとれるようになっているので、ノートパソコンを広げている人もいました。
対面の席が見えにくいように、さりげなく観葉植物が配置されているようです。

当時使われていたシンク!?
当時使われていたシンク!?

クアラルンプール観光スポットが多く集まっている中華街周辺エリア。
食事やお茶だけではなく、日差しが強い午後や急な雨などのときなどにも、ちょっと休憩しがてらゆったりとできるのでオススメです。

(撮影by逗子マリナ)
※店内撮影許可をいただいています。
※写真の無断転載禁止

店名
ヴィンテージ1988(Vintage 1988)
住所
34, Jalan Sultan, City Centre, 50000 Kuala Lumpur
営業時間
11:00〜21:00

筆者

マレーシア特派員

逗子マリナ

2016年からクアラルンプール 在住の主婦兼フリーランスライター。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。