有名店で食べるオランダのパンネコック「パンケーキ・アムステルダム」

公開日 : 2023年09月16日
最終更新 :

オランダではコロッケやニシンサンド(関連記事)のほかに、パンケーキも名物でした。

そう思い出したのは、アムステルダム中央駅から繁華街に向かう途中、すぐに現れた「パンケーキ・アムステルダム(PANCAKES Amsterdam Centraal)」を見かけたから。

ダントツおしゃれな人気店

青を基調としたオシャレな外観に惹かれ、すぐさま入ってみたい衝動に駆られましたが、初めてのアムステルダムにはまだ着いたばかり。

ほかにもっとよい店があるかも、と思いいったん通り過ぎましたが、案外パンケーキ専門で売っているところはなく、あっても店の雰囲気などイマイチ「ビビビッ! 」とくるものがありませんでした。

仕方がないので、最後にわざわざ引き返してまで入ったパンケーキ・アムステルダムは行列ができ、日本でもメディアで取り上げられるような有名店でした。

メニュー構成

15分ほど並ぶ間にメニューを見てみたところ、ハム・チーズのような4種の伝統的な「traditional 」タイプのほかにデザート、おやつタイプの甘い「sweet」、より具沢山でしっかり食事的な「savoury」タイプに分かれています。

それだけでなく、お好みのトッピングを加えたオリジナル版や、アメリカ式のパンケーキまでしっかり用意されているので、食べ比べてみるのもよさそうです。

オランダのパンケーキってどんなもの?

アメリカ式というのは、日本でも「ホットケーキ」でおなじみの分厚いものですが、オランダ語で「pannekok(パンネコック)」、複数形で「pannekoken(パンネコークン)」と呼ばるオランダのパンケーキは、クレープのように薄い(それより少し厚め)のが特徴です。

スウェーデンやフィンランドといった北欧圏、はたまたイギリスのものも同様に薄いですが、いずれもわりと小さめに焼いたものをクルッと巻きます。

オランダでももともとは同じようにしていたようですが、現代ではフライパンの形に焼いたものをそのまま出す店が多く、ほかの国のものより広がっている分、大きそうです。

オランダ尽くし、甘甘コンビに後悔なし

実際、頼んだスイーツ系の「apple・almonds・calvados・whipped cream(€16)」が出てきたときは、予想を超える大きさに驚きました。

calvadosとはブランデー漬けのリンゴのことだそうです。たっぷりのホイップクリームをつけながらも、「はて、いったいどうやって食べればよいのやら……」とは思いましたが、折ったり巻いてから切ったりと、好きに食べてよいようです。

観光客よろしく、「オランダの」という言葉にいちいち反応してしまい、飲み物には「Dutch coffee(€6.9)」を頼みました。エッグノック(eggnog)とは通常、ラム酒や生クリーム、卵黄などが混ぜられたコーヒーのホットカクテルですが、こちらではエスプレッソのような濃いめのコーヒーと、ミニグラスに入ったカスタード(これがエッグノック)が別につけられていました。

頭にはまたまたホイップクリームが乗っており、パンケーキのトッピングとかぶって「やり過ぎたかな……」と反省しましたが、お茶請けに別のオランダ名物、ワッフルのミニサイズがついており、すべてがかわいらしかったので、やはり旅の記念として頼んでよかったです。

パンケーキ・アムステルダムは、地元産の製品や放し飼い(free range)卵を使い、ヴィーガン、グルテンフリー、乳製品フリーのメニューにも対応するなど、質の高いサービスを提供しています。

粉にこだわるパンケーキ・アムステルダム式をおうちで再現!

なかでも特にこだわっているのが粉。同店のウェブサイトによりますと、2007年の本店創業当時より製粉業者のMaarten Dolmanと契約を結び、パンケーキ・アムステルダムのパンケーキには、全粒粉にそば粉、薄力粉を混ぜたこの特注品が使われているそうです。

この「パンケーキ・ミックス」の粉は、ほかのアムステルダム市内4店舗を含めたすべての店で購入できるそうなので、家で本格的なパンネコックを再現するのも夢ではありません!

◼️
パンケーキ・アムステルダム(PANCAKES Amsterdam Centraal
・住所
Prins Hendrikkade 48, 1012 AC Amsterdam
・アクセス
電車アムステルダム駅徒歩5分ほど
・営業時間
毎日8:00〜20:00

筆者

イギリス特派員

パーリーメイ

2017年よりロンドン南部で家族と暮らしています。郊外ならではのコスパのよいレストラン、貴族の邸宅、城めぐり、海沿い情報などが得意です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。