ボナペティサンフランシスコ2月雨でも徐々に春めく

公開日 : 2024年03月01日
最終更新 :

2月は毎週末が雨だったかもと思うくらい、雨に見舞われたフェリービルのファーマーズマーケットでした。毎週の買い出しはレインコートに雨靴が大活躍。しかし、まさに三寒四温で暖かい日肌寒い日が交互にやってきて、食材も冬と春の混在していた月でした。

カラフルたまご
カラフルたまご

本当はナッツ屋さんなのですが、ここの卵は見てて楽しくなります。ひと口にブラウンエッグといっても濃淡いろいろですし、南米チリ原産の黒っぽい鶏の「アローカナ(Araucana)種」の卵は、青〜青緑〜薄緑のグラデーションカラー。まるでイースターエッグみたいです。アローカナの卵は「ブルーエッグ」と表示があり、1ダース(1dosen)12ドル。「ブラウンエッグ」は10ドル。「ブラウンxブルー」が11ドルです。値段は一般的なオーガニックスーパーよりは少し高めです。日系スーパーだと少しお安く6〜7ドルです。

Winters Fruit Tree:https://foodwise.org/sellers/winters-fruit-tree/

日本で卵は「物価の優等生」といわれていますが、サンフランシスコの日系スーパーの卵は、日本と同じく物価の優等生でした。サンフランシスコも物価上昇していしているので、日々の買い物も気がつけばアレちょっと高くなってる? てことが多く、レシートじっくり確認する癖がついています(苦笑)

セロリの根っこ
セロリの根っこ

セロリって香りが強くて好き嫌いが別れる野菜ですよね。「セリアック・セロリルート(Celeriac/Celery root)」は、セロリの根っこで、根セロリとも呼ばれています。が、セロリの根っこというと誤解が生じてしまいます。一般的なセロリは葉っぱを食べるように栽培されていますが、セリアックは根っこ(球根)を食べるために栽培されているのです。時々は葉っぱ付き大根みたいに葉っぱも付いて売られている場合もあります。セリアックの葉っぱは生食には硬すぎるので、ざく切りにして野菜のストック(他にニンジンの皮、タマネギなど香味野菜で煮出し、コンソメみたいなおだし)にして、使わなければ冷凍保存。

農家の方が「ジャガイモと同じように使うよ!」って教えてくれました。ラップして冷蔵庫で保存しておけば日持ちするので、いつか使うだろうと大きめのをひとつ買ってみました。

Tierra Vegetables:https://foodwise.org/sellers/tierra-vegetables/

ハイブリッドフルーツ ”ポメトロン”
ハイブリッドフルーツ ”ポメトロン”

以前、金柑(Kumquat)xライム(Lime)のハイブリッド果物”Limquat”を販売していたK&Jが、今度はポメロ(Pomelo)xシトロン(Citron)で、ポメトロン(Pometron)を売っていました。シトロンは知ってそうでよく知らないのですが、漢字(または中国語)で”柑”のつく柑橘類の事のようです。漢字って便利。

K&J Organics:https://foodwise.org/sellers/kj-orchards/

なごりの富有柿
なごりの富有柿

2月の2週目は、富有柿の今シーズン最後の”なごりの富有柿”を買ってみました。出始めの頃に比べると、熟したネットリ感があり、まるで柿ジャムみたいでした。来シーズンの”はしりの富有柿”までおしまい。

UBEブレッド
UBEブレッド

お天気がよくないとモール内を見て回る時間が長くなります。そんな中で目を引くのが「メイソン・バーベナ(Maison Verbena)」。雑貨からグルメフードまで幅広くクオリティーライフのお助け的ブティックです。ベーカリーもあるのですが、目が覚めるような鮮やかな紫色のパン。びっくりしますね。これは、紫色のお芋の”ウベ(UBE)”を練り込んだものです。ウベブレッド(1斤18ドル・ハーフ9ドル)日本のパンみたいなやわらかく懐かしい食感です。軽く温めて食べてみてください。ウベクッキー($4.50)は、ちょっとした手土産にすると話のタネになりそうです。

【Maison Verbena・フェリープラザ】

英漁時間
木〜日10:00〜17:00、土曜日9:30〜17:00
休日
月・火・水
ワンコ計量中!
ワンコ計量中!

2月の最終週はようやく晴れたました。今までのストレス発散か? 買い物客で大にぎわいでした。昔ながらの釣り皿秤に乗ったのは、ポテトじゃなくてかわいいワンコでした。

フェリープラザ・ファーマーズマーケットhttps://foodwise.org/markets/ferry-plaza-farmers-market/

コロナの規制緩和後、初の卒業旅行シーズンと来月は春休み。西海岸は日本から行きやすいので、昨年よりもたくさん観光客の方がやってくると予想されています。フェリービルには、グルメフードのお土産を探している方もきっと見かけることでしょう。雨が多かったので今年は緑がとにかく豊かでお花もどんどん咲き始めています。夏の霧の季節前、最も美しい季節に向かうサンフランシスコです。

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住ビアジャーナリスト。全米のクラフトビール探求の日々、訪問したブルワリー、タップルーム情報は随時投稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。