海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > オランダ > アムステルダム > 観光スポット > ダム広場

オランダダム広場Dam

アムステルダムイメージ

アムスのおへそ、アムスの心臓、などと呼ばれるダム広場。アムステルダムの歴史が始まった場所でもあり、アムステル川をダムでせき止めることにより発展したアムステルダムの町の、まさしく中心地だ。
白い尖塔は1956年に造られた戦没者慰霊塔。第2次世界大戦で亡くなった人たちの霊をなぐさめるための塔だが、周りが緩い傾斜の階段状の丘になっていて、若い旅行者の格好の休憩所兼情報交換所になっている。
1960年代から70年代にかけては世界中のヒッピーのたまり場として、“あしかの丘”とも呼ばれていた。この丘の上でごろごろしているヒッピーたちがいかにものんびりしていて“あしか”が昼寝をしているようだ、というワケである。

地球の歩き方からのオススメ情報

ダム広場の口コミ

ダム広場など街並みが描かれた絵画が国立博物館にたくさんあります

評価 ★★★★☆

ダム広場は、王宮や新教会など歴史的建造物に囲まれています。王宮ツア...

続きを見る

ダム広場の口コミ一覧

アムステルダムのおすすめホテル

アムステルダム の海外航空券

アムステルダムのおすすめツアー

あなたにおすすめの記事

アムステルダムの現地ツアー