海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > 電子書籍 > ガイドブック A ヨーロッパ > 地球の歩き方 A06 フランス 2019-2020 【分冊】 3 ロワール/大西洋岸

電子書籍

地球の歩き方 A06 フランス 2019-2020 【分冊】 3 ロワール/大西洋岸

電子版希望小売価格:¥ 500
配信開始月:2018年12月
ページ数:約70ページ

優美な古城が多いロワール川流域とブルージュのあるベリー地方を収録。ボルドーなど大西洋側とバスクも併録した。

「フランスの庭」ロワール地方には、丘、小川、古城など、まさにフランスが詰まっています。
古くからワイン交易で栄えたボルドーには壮大な建築物が多く残り、温暖な大西洋沿岸は海水浴でにぎわいます。バスク地方は独自の文化が残り、赤や緑の屋根に白壁の民家が山あいに点在する風景は絵本のようです。

フランス中部にあり「フランスの庭」と呼ばれる、1012kmとフランス最長のロワール川流域の一帯は、最もフランスらしいといわれる地方だ。小さな丘、美しい小川、森のかなたに見え隠れする古城の優雅な姿など、ここにはまさに「フランス」が詰まっている。ロワールの美しい景観に心ひかれたのは王候貴族ばかりではない。アンボワーズで生涯を終えたレオナルド・ダ・ヴィンチ、小さな村サシェで『谷間の百合』を執筆したバルザックをはじめ、、多くの芸術家、文化人がこの地に足跡を残している。川べりに静かにたたずむ小さな村々には、彼らが求めていた安らぎがある。自然と文化が調和した「洗練された田舎」の魅力を味わってほしい。
ピレネー山脈に源を発するガロンヌ川と、中央山塊から流れ出すドルドーニュ川が、ボルドーの北で交わってジロンド川となり、大西洋へと注ぎ込んでいく。この3つの川の流域に、世界で最もエレガントなワインを生み出すブドウ畑が広がっている。この地方の文化、経済の中心地ボルドーは、古くからワイン交易で栄えた町で、今も18世紀の壮大な建築物が多く残る。温暖な気候に恵まれた大西洋沿岸には、アルカション、ビアリッツなど、設備の整った海水浴場も多い。スペインとの国境地帯に位置するバスク地方では、独自の言語と風俗が今も守られている。赤や緑の屋根に白い壁の民家がピレネーの山あいに点在する風景は、絵本を見るような美しさだ。


●本書掲載のエリアとおもな都市と観光地
【ロワール】トゥール、ル・マン、ロワールの古城、ブロワ、シャンボール城、シュヴェルニー城、シュノンソー城、アンボワーズ、アゼー・ル・リドー、ロシュ城、ユッセ城、シノン、ヴィランドリー城、ショーモン・シュル・ロワール城、アンジェ、ソミュール、ナント、オルレアン、ブールジュ
【大西洋岸】ボルドー、アルカション、サンテミリオン、ラ・ロシェル、ポワティエ、サン・サヴァン、ポー、オロロン・サント・マリー、バイヨンヌ、ラ・リューヌ山、サン・ジャン・ピエ・ド・ポール、サン・ジャン・ド・リュズ、ビアリッツ

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。

おすすめの記事