頭上の雪にご注意を!

公開日 : 2012年02月21日
最終更新 :

今年の2月前半にどさっと降った雪。

先々週こそマイナス14度まで下がるという事態に至ったものの、今週末は何とプラス6度という陽気!

ところで、これ何でしょう? ↓

Eisstange-c.jpg

急激に暖かくなったため、最近では建物の屋根から雪が滑り落ちてくること頻り。

著者も先日中心街を歩いていたら、どさっという轟音とともに、自分のすぐ横に大量の雪が落ちて来ると言う、危ない目に遭いました。ウィーンの建物は、7-8階建ても多いですし、日本よりも1階1階の天井が遥かに高いため、この屋根から雪が落ちてきたらかなり危険度大!

そんなときに危険度の目安になるのがこの赤と白の縞々棒。

こちらが建物の壁に立てかけられていると、「雪がどさっと落ちてきますよ、危険!」の目印なのです。

街中では結構目にするので、ご観光の皆様は、「あれ、これ何だろう?」と、くれぐれもバーの横に立ち止まったりなさらず、距離をとって歩いて下さいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。