世界ナンバーワン!オーストリアのオーガニック事情について

公開日 : 2017年02月08日
最終更新 :

オーストリアでは農薬を使用しない、昔ながらの伝統的農業に大きな比重が置かれており、世界ナンバーワンの"オーガニック最先進国"としての地位を益々揺るぎないものにしつつあります。

Heuriger-2014-500.JPG

2016年秋だけでも、新たにオーガニック申請した農家数は1,753戸を上回るほど。

このトレンドは今年に入っていよいよ加速する勢いで、2017年にはオーストリア全体で22,000戸を超えると予測されています。

昨年に既に大きな躍進を見せたので、2017年の伸びは8%程度と見込まれているようですが、それでも凄まじい伸び率ですよね。

オーガニック製品は、肉と魚、乳製品、穀物、野菜、果物などの食品はもちろんのこと、オーガニックコットンなどの衣類や化粧品、日用品に至るまで幅広く取り扱われており、実に巨大なマーケットを形成しています。

売れ行きも順調らしく、今後オーストリア国内だけでなく、国外の需要にも積極的に対応していくとのこと。

オーストリアの農林水産大臣の話によれば、

「長期的経済に目を据えれば、クオリティコンシャスなものは必ず採算が取れる。

オーストリアの農家は自らの農地を取り分け入念に運営しているし、その労力は報われるはずだ。

飲食業やホテル業をはじめ、輸出などに大きなポテンシャルが見出されている」

とのことでした。

オーガニック農業は、国を挙げての一大プロジェクトとして稼働しているようですね。

日本でも昨今、じわじわとオーガニック製品が浸透してきた感がありますが、もしかすると近い将来、オーストリアのプロダクトを方々で見かける日が来るかもしれませんね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。