機内で快適に過ごすためのミニアドバイス!

公開日 : 2019年03月16日
最終更新 :

日本からヨ-ロッパへの空の旅は長いですよね。北欧のエアラインですと飛行時間は10時間を切りますが、ドイツやフランスのエアラインだと11時間以上かかりますから、ずっと座ったままだと最後の数時間はかなり苦痛です。とりわけエコノミ-クラスは狭い。体の大きな方だと、足が前の席につかえたりして窮屈な思いをされますね。

ビジネスクラスやプレミアムエコノミ-に座ることができれば快適ですが、やはり料金が高い。。

でも、エコノミ-クラスでも足をのばせる席が少しだけあります。

例えば、ルフトハンザ・ドイツ航空でしたら、フランクフルト発着のボ-イングの場合プレミアムエコノミ-のすぐ後ろ10席です。

Premien e.jpg

シ-トの幅はエコノミ-クラスよりも広いですが、前の空間はそれほど広くありません。

Seat29.jpg

ボ-イングの場合、29番の席になります。

Viel Platz.jpg

真ん中の座席に座っても、トイレに行く際に通路側の人に立ってもらう必要がないほど、十分な空間があります。

ちなみに、ルフトハンザのミュンヘン発着の場合はエアバスで、16番の座席が広いですね。

これらの座席は、事前に予約可能です。ただし、予約料金が現在のレ-トで13500円かかります。しかし、確実に確保するにはこの方法が一番。

ちなみに、他の座席も事前に予約する場合は予約料4725円もしくは6730円かかります。

ただし、出発の23時間前からはオンラインチェックインができるのですが、その時に座席を指定する場合は、予約料がかかりません。

広い席ももちろん無料です。ただ、その時に残っているかどうかは運次第。

Mashine.jpg

いずれにしろ、皆さん快適な空の旅を!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。