間もなくベルリンに新空港が開港!そして、さよならテーゲル空港。

公開日 : 2020年10月27日
最終更新 :

ベルリンにはかつて3つの空港がありました。

旧西側にふたつ、テーゲル空港とテンペルホーフ空港。

そして旧東側にひとつ、シェーネフェルド空港。

このうち、ベルリン封鎖時代に陸の孤島となったベルリンに、物資を西側から空輸したテンペルホーフ空港はすでに閉鎖されています。空港の建物や敷地はそのまま残されていて、催し物会場になったりしています。

ベルリンは、東側にあるシェーネフェルド空港を拡張し、当初2011年秋に新空港をオープンする予定でしたが、設備不良が何度も発覚し、いくどとなく開港が延期されていました。

Berlin Brandenburug Flughafen.jpg

撮影:© Flughafen Berlin Brandenburg GmbH / Günter Wicker

新空港名は、ヴィリー・ブラント・ベルリン・ブランデンブルク国際空港。ヴィリー・ブラントというのは西ドイツ時代の首相で、東方外交を推し進めて東西冷戦に変化をもたらした、戦後ドイツの偉大な政治家のひとりです。また、ワルシャワ訪問時にワルシャワのゲットー記念碑の前でひざまついて黙祷したことでも知られ、ドイツの過去の過ちを認める態度の象徴とされ、ドイツの歴史教育もこの頃から大きく変わったといわれています。

この新空港はベルリン市内から少し離れたところにありますが、Sバーンや近距離列車が乗り入れていますので30分ほどで町なかにアクセスできます。

2012_TXL-Tower.jpg

撮影:© Günter Wicker / Flughafen Berlin Brandenburg GmbH

規模としてはとっても小さな空港ですが、その便利さもあり市民にたいへん親しまれてきました。

2008-07-txl-vorfahrt.jpg

撮影:© Alexander Obst / Marion Schmieding, Flughafen Berlin Brandenburg GmbH

2005-luftaufnahme.jpg

撮影:© Flughafen Berlin Brandenburg GmbH / Archiv

こんなに便利な空港は、たぶんほかに例がないのではないでしょうか。

そんなテーゲル空港がとうとう閉鎖となってしまうと思うと、一抹の寂しさを感じます。

私も、ベルリンに12年ほど住んでいましたので、テーゲル空港にはとてもお世話になりました。

コロナが収束して、皆さんがベルリンに来られるときには、新空港のヴィリー・ブラント・ベルリン・ブランデンブルク国際空港に到着されることになります。

皆さんがベルリンの新空港を体験できる日が早くやってくることを、願っています。

2019-03-05-BER-Terminal-Management_D5B0685.jpg

撮影:© Flughafen Berlin Brandenburg GmbH / Günter Wicker ■ヴィリー・ブラント・ベルリン・ブランデンブルク国際空港・URL: https://ber.berlin-airport.de/de.html

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。