桜リレー始まる!~白野江植物公園

公開日 : 2020年03月01日
最終更新 :
筆者 : Duke

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、北九州市門司区にある白野江植物公園を紹介します。約60品種800本の桜が植えられた白野江公園では、品種ごとに開花時期が異なるので、2月上旬から4月下旬にかけて、さまざまな種類の桜を楽しむことができるんです。まるでバトンをつなぐように次から次に咲いていくため、「桜リレー」と呼ばれています。

20Shiranoe01.JPG

2月末までは菰(こも)で覆われた冬牡丹を見ることができます。その奥で、河津桜が満開を迎えていました。その周りで大勢の人がカメラを構えています。

20Shiranoe02.JPG

今の時期、桜の花蜜にたくさんのメジロが集まってきています。一眼カメラに大きな望遠レンズを装着した人の多くは、このメジロたちを狙っていました。

20Shiranoe04.JPG

梅や桜の花の間をせわしなく動き回るメジロを見ると、春がそこまできていることを実感しますね。

20Shiranoe06.JPG

白野江の桜リレーは2月初旬のカンザクラから始まります。これに続くのが子福桜や河津桜ですが、八重咲の子福桜はまとまって咲くことが少ないので、見ごたえがあるのはこの河津桜です。

20Shiranoe03.JPG

そして、河津桜のあとを追うように咲くのが、河津桜の隣にある大寒桜。今はまだ一分咲きから二分咲きくらいですが、3月中旬ともなれば、淡紅色の艶やかな花を枝一杯に咲かせます。

20Shiranoe07.JPG

春らしい陽気の下、桜を探して園内を散策するのは気持ちがよいもの。清々しさを呼吸しているようです。

丘の斜面に咲く河津桜。左側で枝垂れて咲く黄色い花は、雲南黄梅(うんなんおうばい)といいます。

20Shiranoe08.JPG

3月から4月にかけて淡黄色の花を咲かせる四国原産の土佐水木(とさみずき)。

20Shiranoe09.JPG

その名のとおり、高知県の山地で自生する木だそうです。近くで見るとわかいいですよ。

20Shiranoe10.JPG

3月中旬に見ごろを迎える寒緋桜が、早くも咲きはじめていました。

20Shiranoe11.JPG

濃いピンク色の花が下向きに咲くのが寒緋桜の特徴です。

20Shiranoe05.JPG

ジョウビタキも何度か見かけました。白野江植物公園一帯は野鳥の宝庫で、散策している間ずっと鳥の声が途絶えることはありません。

20Shiranoe13.JPG

こんな時期にチューリップが咲いていました(アイスチューリップ・サーモンダイナスティ)。球根を冷蔵し、外気温との差で冬を疑似体験させることにより、開花時期をコントロールするのだそうです。

20Shiranoe12.JPG

ひな祭りに合わせて雛飾りやさげもんなどが展示されています。《休憩棟1階 桐、桂、萩の間、~2020年3月15日(日)》

20Shiranoe14.JPG

紅葉の時期に白野江植物公園を紹介したことがありますが、春の白野江もまた綺麗です。2月上旬の寒桜(カンザクラ)を皮切りにスタートした桜リレーは、今が盛りの河津桜、そして大寒桜・寒緋桜へと引き継がれ、4月に入ると山桜、陽光、大島桜、染井吉野、薄墨桜など、4月中旬以降は八重紅枝垂れ、里桜、御衣黄、普賢象などが美しくフィナーレを飾ります。私も4月上旬くらいまでしか目にしたことがないので、次はぜひ桜リレーの最後を見てみたいと思っています。

(新型コロナウイルス感染症対策のため、予定されていたいくつかのイベントは中止されていますが、2020年3月1日現在、公園は開園しており、ひな飾りも展示されています。詳細は公式Webサイトをご確認ください)

【白野江植物公園】

・場所: 北九州市門司区白野江2丁目

・開園時間: 09:00~17:00(入園は16:30まで)

・休園日: 火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始12月29日~1月3日 ※ただし、2~6月、9~11月は毎日開園

・入園料: 一般300円、小中学生150円

・駐車料金: 駐車料:普通車300円/日(収容数84台)、中型・大型車1000円/日(収容数4台)

・アクセス: (JR)鹿児島本線門司港駅→西鉄バス41番系統(約20分)→「白野江2丁目」下車徒歩約2分/(車)北九州都市高速「春日」出口または九州自動車道「門司」出口から県道72号線を約2km

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。