アメリカ南部各州:新型コロナウイルスの感染者の確認について

公開日 : 2020年03月13日
最終更新 :

2020年3月12日、U.S.Newsで、アーカンソー州のエイサ・ハッチンソン州知事が非常事態宣言を発出し、拡大感染を防ぐために学校閉鎖などの措置を取ることなどを発表したことが報じられました。2020年3月13日付の在ナッシュビル日本国総領事館のWebサイトに掲載された「当地における新型コロナウイルス感染者の確認(第3報)」によると、アーカンソー州だけでなく、同領事館管轄のほかの4州(ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、テネシー州)でも、新型コロナウイルスの感染者数の増加が確認されているようです。

下記、「当地における新型コロナウイルス感染者の確認(第3報)」の全文を引用掲載します。

***

2020/3/13

1 アーカンソー州で初となる感染者が確認されました。3月11日,同州知事は非常事態を宣言し,州保健局が,州緊急事態対策庁や他部局と連携し,新型コロナウイルスに対し取り得る全ての措置を取ると発表しました。

2 ケンタッキー州では,現在まで8人の感染者が確認されました。(内訳:Fayette郡2人,Harrison郡3人, Jefferson郡1人,その他2人)州知事は,60歳以上や慢性疾患を抱えている人に対し,集会や人混みを避け,市民に対し,集会や職場では話す際に距離を取るよう要請しました。

3 ルイジアナ州では,現在まで13人の感染者が確認されました(内訳:Caddo Parish1人,Iberia Parish1人,Jefferson Parish1人,Orleans Parish10人)。3月11日,州知事は,公衆衛生上の緊急事態を宣言し,必要品の価格の高騰を防ぐ努力を行うとしました。

4 ミシシッピ州では,現在まで1人の感染者が確認されました(内訳:Forrest郡1人)。

5 テネシー州では,現在まで9人の感染者が確認されました(内訳: Davidson郡2人,Shelby郡1人,Sullivan1人,Williamson郡5人)。3月12日,州知事は,非常事態を宣言しました。

今後節目節目にメール送信を行いますが,在留邦人の皆様におかれては引き続き関連情報に注意して予防に努めてください。なお,当館管轄(アーカンソー州,ケンタッキー州,ルイジアナ州,ミシシッピ州及びテネシー州)以外の州に関する領事メールについては,下記外務省海外安全ホームページ上で確認出来ます。

【関連情報】

(米国)

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)

アーカンソー州保健局

ケンタッキー州保健局:

ルイジアナ州保健局

ミシシッピ州保健局

テネシー州保健局

   ▪   ▪   ▪

【在ナッシュビル日本国総領事館】

・住所: 1801 West End Ave, Nashville, TN 37203

・TEL: 615-340-4300

   ▪   ▪   ▪

■U.S.News

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。