ウィーン旧市街で銃撃事件が発生

公開日 : 2020年11月03日
最終更新 :

永世中立国オーストリアの首都として、これまでいたって平穏な日常を保っていたウィーンですが、先ほど肺腑をえぐるような、衝撃的ニュースが飛び込んできました。

私も最初は友人たちからのメッセージでこのブレーキングニュースを知ったのですが、報道陣も犯罪現場に立ち入ることが許されず、憶測でリポートがなされるなど、しばしの間かなり情報が錯綜している様子でした。

そして先ほど、ようやく内務大臣からの公式発表が電話にて行われましたが、それによると、

・ウィーン1区(旧市街地)シュヴェーデンプラッツ近辺で、2020年11月2日20時頃に複数犯による銃撃が発生

・犯人たちは6ヵ所を巡って、次々と発砲

・被害者は死亡者1名、警官を含む重傷者が多数

・犯人のひとりは警官により銃殺

・1区は当面の間、閉鎖され、中に入ることも外に出ることも禁止

・ショッピングストリートであるマリアヒルファーシュトラッセ近辺も閉鎖

とのこと。

この時間帯にウィーンでオープンしているのは、ほぼ飲食店のみですから、犯人たちは恐らくレストランなどを次々に襲撃したのではと思われます。

また、公式発表ではありませんが、犯人は人質を取ってアジア系のチェーンレストラン(Akakiko)に立て籠もっているとの噂もあるようです。

明日からロックダウンというタイミングに加え、本日は小春日和と天候にも恵まれ、1区では最後の外食を楽しむ人も少なくなかったのでは、と予想されます。

いずれにせよ、一刻も早く事態が収束し、ひとりでも多くの無事が確認されることを祈るばかりです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。