罰金です!ヘッドライトとテールライトなしで夜間の自転車走行!

公開日 : 2021年02月20日
最終更新 :

私は、数年来、月に2回程度、TCM(Traditional Chinese Medicine)に通っていています。

日本では、「鍼灸治療院」と呼ばれているクリニックと同等でしょうか。

TCMは、自宅から自転車で30分先のところにあるのですが、フィットネスジムが閉鎖されているいま、天候が許す限り、自転車で行っています。

普段は、パワーナップを兼ねて午後2時頃に受診しているところ、この日は午後4時からの予約しか取れませんでした。

帰路についたときには、薄暗く、次第に真っ暗になりました。

自宅からTCMへの道中には、かなり長い坂道があり、行きは下り坂で楽ちんなのですが、帰りは上り坂になるので、気合いを入れて挑んでいます。

その上り坂の途中で、警察がすべての自転車を止めていました。

(上り坂は自転車のスピードが落ちますからね! 昔、ツール・ド・フランスを路上観戦していたときも、必ず、上り坂で陣取ってました!)

大き目の交差点で広目の歩道に警察官が6人はいたでしょう。

まず、IDを要求され、自転車のライトや反射板のチェックがされました。

私の自転車は、17年ぐらい前に新品で購入したスイスブランドの自転車で、出産前までは定期的にチェーンやギアを磨いてメンテをしていましたが、いまでは、タイヤがパンクしたら仕方なく修理かチューブを入れ替えるだけの放置状態です。

昨年だったか、自転車が倒れたタイミングでヘッドライトが点かなくなったり、テールライトのカバーが壊れたりしたのも修理をせず、外付けのライトを使用しています。

検問とわかったときも、「ライトをつけててよかった!」と思ったのも束の間。

「赤いテールランプが暗すぎるので、罰金です」と!

実際、電池を入れ替えなければな......と思っていたところでしたが、「ちゃんと点いてるじゃん!」と抗議しても無駄でした。

「罰金は、40フランですが、いま現金で払いますか? 振込用紙をあげましょうか?」

数年来、カード生活をしていて現金を持ち歩かないので、振込をお願いしました。

警察が切符を切っている間、ほかの自転車を見ていると、みんな設備よく、罰金を科される人はひとりもおらず......。

私のテールランプが少々暗いのは事実でしたが、検問のノルマがあるのかなとも思った次第です。

202102020-velo-fine-s-text.jpg

警察官は、この↑切符を手に私に優しく話しました。

「30日以内に支払ってください。そして、新しいライトを購入してくださいね」

そして、最後に、

「あまり聞きたくないことでしょうが、いまから、あなたは歩いて行かなければなりません。この自転車には乗れませんからね」

が~ん。

バスに乗って帰れないこともなかったですが、運動のためにそのあと40分ほどかけて徒歩で帰宅したのでした......。

長年の自転車生活で、私が自転車の検問に出くわしたのは初めてでしたが、スイスで自転車に乗る皆さんもお気をつけくださいね。

ちなみに、ヘッドライトとテールライトの両方がない場合も罰金は40フランとのことです。

そして、スイスの交通法を確認していませんが、警察官が壊れたヘッドライトの反射板を確認しているとき、「電気が点かないから外付けをつけてます」と言うと、「反射板が重要なんだ」というようなことをおっしゃっていたので、いま思うに、もしかしたら、テールライトがなくても、自転車の赤い反射板が壊れてなければ、罰金は免れたのかもしれません。

しかしながら、外付けのテールライトも反射板になっているので、定かではありません......。

それでは、今日はこの辺で!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。