台湾新北市!秘境に佇む「食養山房」で懐石料理に舌鼓!隠れ家レストランで過ごす贅沢な時間

公開日 : 2022年01月24日
最終更新 :
00.jpgのサムネイル画像

先日、秘境の隠れ家レストラン「食養山房」へ行ってきました。台北駅からレストランまでは車で約40分。山奥へと入っていき、こんなところに本当にレストランがあるのだろうかと疑心暗鬼でした。

結論からいうと、そこには最高に素敵な空間が広がっていました! 今回は懐石料理を楽しめる「食養山房」を紹介します。

アクセス方法

乗り物酔いをしやすい筆者みみ。しばらく車に揺られて不安になりながらもどうにかレストランに到着。細い道を抜けた先にレストランはあります。途中で看板は出ておらず、グーグルマップとレストラン食養山房HPにある道案内を頼りに行くしかありません。それもまた秘境へと導かれているようでワクワク。

駐車場が見つからず山道に駐車していいものか困っていたら、遠くの方にスタッフの方が誘導してくださいました。駐車スペースも限られているため、外で予約とカーナンバーの確認を行っているようでした。

駐車場から建物、建物から食事スペースまではそれぞれ少し距離があります。途中、道もデコボコしているので歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

■食養山房

・住所: 新北市汐止區汐萬路三段366巷6號

・アクセス: 台北市内からタクシーで約40分。

(食養山房と提携している首都タクシーがおすすめ。)

・首都タクシー電話:(02)2555-5111

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ランチ・ディナー:1250元(約5000円)※ベジタリアン食あり

茶道体験付ランチ・ディナー:2200元(約8800円)

館内「六號茶空間」を散策

20210502_175941407.jpgのサムネイル画像

予約した時間まで20分ほど余裕があったので館内を散策させてもらうことにしました。六號茶空間はお茶を楽しむ空間で食事は別の棟に移動します。敷地内には池もあり、鯉も優雅に泳いでいました。

21-12-25-21-50-40-603_deco.jpgのサムネイル画像

窓の外に広がる景色を見ながらお茶をいただくことができます。

21-12-25-21-49-31-901_deco.jpgのサムネイル画像

自然のなかではワンちゃんもリラックス。

20210502_175009742.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

山のなかにあるレストランだけあって、植物がたくさん飾られていました。

IMG_20210502_174645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

六號茶空間では雅楽の演奏が行われることもあるそうです。都会の喧騒から離れて過ごすひと時は格別ですね!

お待ちかねのお食事タイム!

20210502_180546799.jpgのサムネイル画像

食養山房へ移動し、早速食事です。丸い固形物にお湯をかけると一瞬で温かいおしぼりに。素敵な演出でお料理にも期待が膨らみます!

下記はマンゴーとパッションフルーツのフレッシュジュース。そして前菜には北海道産ホタテを使用。

21-12-25-21-51-02-104_deco.jpgのサムネイル画像

濃厚なコーンスープ。とうもろこしの香りが広がります。

20210502_181700230.jpg

食材本来の味を活かしたお料理ばかりです。コースは通常(魚介類)とベジタリアン向けの2種類のみですが、季節によって内容も変わりますので、また違った楽しみ方ができると思います。

エビの甘辛ソース添え

21-12-25-21-51-27-904_deco.jpg

きのこのまぜご飯

21-12-25-21-51-49-927_deco.jpg

マンゴープリン

21-12-25-21-52-32-061_deco.jpg

そして最後は食養山房名物!蓮と鶏肉の土鍋スープ

スクリーンショット (589).png

スープのなかには鶏肉や蓮根、しめじなど体に優しい食材がたくさん。店員さんが目の前でスープに花を浮かべ、開く様子を見せてくれました。

"五感が満たされてこそおいしい料理"という言葉にもある通り、料理は目で見て楽しみ、香りを感じるもの。

そんな満足度の高いお料理に感動! 季節の花や食材、そして自然に囲まれた環境。室内やテーブルのほか、どのお料理にもお花が飾られているのが印象に残りました。トータル約3時間のコース料理。帰る頃には外はすっかり真っ暗です。廊下のあたたかなキャンドルと月明かりが足元を照らしてくれます。

今回は秘境に佇む「食養山房」をご紹介しました。明日への活力となる贅沢な体験。

まだまだコロナ禍ではありますが、自由に海外旅行ができるようになったらぜひ「食養山房」へも行ってみてくださいね。特別な日におすすめの隠れ家レストランです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。