【福島】元祖 会津山塩ラーメン「奥裏磐梯らぁめんや」@北塩原村

公開日 : 2023年10月26日
最終更新 :
筆者 : bill
北塩原村桧原にある「奥裏磐梯 らぁめんや」へ行って来ました。
[会津山塩](https://aizu-yamajio.com/)ラーメンの元祖とされる名店で、店名が変わる前からその味わいに魅了されています。
北塩原村桧原にある「奥裏磐梯 らぁめんや」へ行って来ました。
会津山塩ラーメンの元祖とされる名店で、店名が変わる前からその味わいに魅了されています。
待ち時間を利用して、同じ建物に併設されている[会津米沢街道 桧原歴史館](https://www.urabandai-inf.com/?page_id=24994)を見学しました(入館料100円・館内撮影禁止)
磐梯山の噴火で沈んだ桧原宿について等々とても興味深い内容に富んでいますので、こちらもオススメです。
待ち時間を利用して、同じ建物に併設されている会津米沢街道 桧原歴史館を見学しました(入館料100円・館内撮影禁止)
磐梯山の噴火で沈んだ桧原宿について等々とても興味深い内容に富んでいますので、こちらもオススメです。
店内の様子です。
全席が足腰に優しいテーブル席に変更となっています。
店内の様子です。
全席が足腰に優しいテーブル席に変更となっています。
囲炉裏や屋根裏の造り等々、建物自体の見どころもあります。
囲炉裏や屋根裏の造り等々、建物自体の見どころもあります。
(メニュー表)
会津山塩推しではあるも、醤油や味噌系を網羅していたりするのは昔から変わりません。
なお、ネギの有無も選択できます(店員さんから聞かれます)
(メニュー表)
会津山塩推しではあるも、醤油や味噌系を網羅していたりするのは昔から変わりません。
なお、ネギの有無も選択できます(店員さんから聞かれます)
(会津山塩ラーメン)
温泉水を煮詰めて造られる[会津山塩](https://aizu-yamajio.com/)が織りなす至極の一杯ここにあり✨
(会津山塩ラーメン)
温泉水を煮詰めて造られる会津山塩が織りなす至極の一杯ここにあり✨
海水とはイオンバランスが異なる山塩は、ミネラル等が豊富で深い味わいを特徴とします。
マイルドで旨味のある独特の風味が真骨頂!スープはいつも飲み干してしまいます。
海水とはイオンバランスが異なる山塩は、ミネラル等が豊富で深い味わいを特徴とします。
マイルドで旨味のある独特の風味が真骨頂!スープはいつも飲み干してしまいます。
柔らかく煮込まれたチャーシューは、肉の旨味がじわっと広がります。
麺は中太で、スープとの相性も抜群です。
柔らかく煮込まれたチャーシューは、肉の旨味がじわっと広がります。
麺は中太で、スープとの相性も抜群です。
(会津山塩チャーシュー麺)
デフォルトの倍となる10枚のチャーシューが表面を覆っています。
チャーシュー好きにはやはりこちらでしょうか。
(会津山塩チャーシュー麺)
デフォルトの倍となる10枚のチャーシューが表面を覆っています。
チャーシュー好きにはやはりこちらでしょうか。
〇奥裏磐梯 らぁめんや
・北塩原村大字桧原字荢畑沢1034-19
・0241-34-2200
・AM10~15時(火曜日定休)
〇奥裏磐梯 らぁめんや
・北塩原村大字桧原字荢畑沢1034-19
・0241-34-2200
・AM10~15時(火曜日定休)

筆者

福島特派員

bill

福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。