【京都】廃線路の上を歩ける写真スポット 蹴上インクライン

公開日 : 2023年12月11日
最終更新 :
筆者 : かおり

こんにちは。
大阪特派員のかおりです。
 
紅葉もすっかり終わり、何かと慌ただしい12月に入りました。

今回は、京都の廃線を紹介します。

往時の風景を思い描いて散策してみる

蹴上インクラインとは、琵琶湖疏水(土地を切り開いて作った水路)の蹴上船溜(ダム)と南禅寺船溜を結んだ全長約582mの傾斜鉄道です。
船から乗り降りすることなく、高低差約36mの坂を船ごと台車に載せ、ケーブルカーと同じ原理で運びました。
1891年に竣工して1951年まで使われていましたが、レールは現在も保存されています。

インクラインの中は自由に歩くことができます。

お決まりの観光地ではありませんので人が少なく、写真スポットとしては穴場です。

復元された三十石船
復元された三十石船

三十石船は琵琶湖疏水で使用されていた運輸船を復元したものです。
米・薪炭・醤油・酒などの物資が運ばれていました。

両脇は桜の木ですので、春はお花見も楽しめます。
近くに琵琶湖疏水記念館があり、こちらで蹴上インクラインについてはより詳しく知ることができます。

※写真の撮影日は、紅葉見頃には少し早い2023年11月14日です。

アクセス
京都市営地下鉄東西線蹴上駅から徒歩約6分

筆者

大阪特派員

かおり

家族の転勤により大阪・徳島・埼玉に住み、今回で3度目の大阪には累計で約20年ほど住んでいます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。