光の画家ソロージャ好き必見の特別展バレンシアで開催中

公開日 : 2023年11月30日
最終更新 :

没後100周年を記念して、スペイン各地で19世紀後半から20世紀のはじめにかけて活躍し光の画家と呼ばれたソロージャの特別展が開かれています。

スペイン政府観光局日本語ページでも紹介されています(こちら)。動画もあるのでよかったらご覧くださいね。

バレンシアのバンカハ財団では、10月5日から来年の2月18日にかけて『Sorolla a través de la luz(光の中のソロージャ))』という特別展を開催しているので、先日観に行ってきました。そして感動!!

この特別展ではソロージャのオリジナル作品が45点展示されています。うち20点はニューヨークから取り寄せたもの、また5点は個人所蔵のもの。つまり、半数は普段スペインではなかなかお目にかかれない作品ということになります。

最近流行のデジタルアートとでもいうのでしょうか、展示室の壁360度にソロージャの絵や当時の写真、資料などが映し出される試みもありました。「オリジナル作品に敵うわけない」と軽く考えていたのですが、実際に観てその考えを改めました。音楽に合わせて大きく映し出されるソロージャの絵に囲まれると感動が沸き上がってきます。15分ほどの動画なのですが、なんと3回も観てしまいました。

展示の最後には、3Dゴーグルをつけて臨場感あふれる3D映像を体感するスペースがありました。これは初めての体験。私は近視に複視という視力の問題を持っているので、楽しめるか不安でしたが大丈夫でした。ゴーグルをつけると足元に矢印が現れ、それに沿って歩きながら目の前に広がるバーチャルな世界を楽しみました。ほかの人とぶつからないように、誰かが近くにいる時はちゃんとわかるようになっているのでぶつかる心配はありませんでした。

単なる作品展示だけではないので、今回の入場料が14ユーロとバレンシアでは破格に高いわけがわかりました(苦笑)。でも、その価値は十分にあります。年が明けたらもう一度行きたいと思っています。

ソロージャ好きの方は必見です!!

Sorolla a través de la luz(光の中のソロージャ)展

会場
Fundación Bancaja(バンカハ財団)
住所
Plaza de Tetuán 23, Valencia
入場料
14ユーロ(人数制限があるのでWEB予約をおすすめ。空きがあれば当日窓口購入も可)
会期
2024年2月18日まで

筆者

スペイン特派員

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。オリーブオイル専門家としてスペインと日本で活動するほか、複数のウェブサイトにスペイン情報を寄稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。