【クアラルンプール】2023年のワンウタマのクリスマス装飾

公開日 : 2023年12月06日
最終更新 :

毎年クリスマスになるとクアラルンプールの街中でもさまざまな場所で目を引くクリスマスレコレーション。
寒く白い雪に覆われたイメージが多い中、マレーシア最大のショッピングセンターの1(ワン)ウタマ・ショッピング・センター(1 Utama Shopping Centre)では、真夏のクリスマスが広がるデコレーションが話題になっています。

高さ10mのツリーハウスが登場
高さ10mのツリーハウスが登場

メリー・シーズン・オブ・セレブレーション(A Merry Season Of Celebration)と名付けられた今回のデコレーションは、これから夏に向かう南半球のオーストラリアのクリスマスがテーマ。
12月に雪が降らない国々のクリスマスという世界観が広がっています。

冒険心を駆り立てる秘密基地のようなつくり
冒険心を駆り立てる秘密基地のようなつくり
すべり台は実際に遊べるよう仕様
すべり台は実際に遊べるよう仕様
ワイルドな自然あふれるバーベキュー
ワイルドな自然あふれるバーベキュー

アウトバック・ワイルドネス・クリスマス・アドベンチャー(Outback Wildness Christmas Adventure)が展開されているニューウィングのイベントスペースがあるLGフロアのオーヴァル(LG Oval)は、どこまでも続くアウトバック(オーストラリア中央部の砂漠地帯)や青い空が抜ける真夏のオーストラリアに大変身。
デコレーションの中心となるのは高さ約10メートルの巨大なツリーハウス。すべり台もついていて子どもたちが楽しめるのはもちろん、木の上にある秘密基地は大人の遊び心も刺激されます。

オーストラリア原産の植物があふれる小径
オーストラリア原産の植物があふれる小径
オーストラリアといえば全土で見られるガムツリー
オーストラリアといえば全土で見られるガムツリー

ツリーハウスには実際に登ることが可能。見渡すとオーストラリア固有の草花が咲き誇る小道や、アウトバック式バーバキュー、水汲み風車などが配置されクリスマスストール(屋台)の雰囲気を盛り上げています。

ブライトンビーチを思わせるビーチハウスが登場
ブライトンビーチを思わせるビーチハウスが登場
オーストラリア各地の有名ビーチのサイン
オーストラリア各地の有名ビーチのサイン

ダイブ・イントゥ・ビーチ・サマー・ファン(Divはe into Beach Summer Fun)は、イオン(Aeon)にほど近いオールドウィング側にあるグランド・フロアのセンターコート(GF Centre Court)に。
こちらはオーストラリアのもう一つのイメージであるビーチがテーマ。

それぞれにクリスマスリースの飾りも
それぞれにクリスマスリースの飾りも

メルボルン郊外のブライトン(Brighton)海岸には、実際にカラフルなビーチハウスが並んでいるいることで有名です。その風景からインスパイアされた砂浜の風景が再現されています。

砂場では遊ぶこともできる
砂場では遊ぶこともできる
ビーチをイメージした砂場
ビーチをイメージした砂場

周囲には本物のビーチさながらの砂浜(砂場)も登場し、遊べるようになっています。
海はありませんがそれでもビーチハウスのリアル感はSNS映え間違いなしなので必見。

アウトバックで見られる水汲み風車
アウトバックで見られる水汲み風車

熱帯マレーシアで体験する南半球の真夏のクリスマス。
雪が降るだけではないクリスマスもあるのだと改めて世界の広さを感じさせますね。
期間中はアウトバック式バーベキューや雰囲気を盛り上げる魅力的なオーストラリアの楽器でデジュリドゥ(Didgeridoo)のショーなども開催されます。
今年はいつもとは一味違った真夏のクリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

真夏に映えるクリスマスツリー
真夏に映えるクリスマスツリー

余談ですが私はマレーシアに来る前にオーストラリアのメルボルンに4年間在住し、地球の歩き方の歩き方WEBのメルボルン特派員だったので、真夏のクリスマスになつかしい気持ちになりました。
夏の間は芝生も枯れて茶色くなっていたり、空気が乾燥していたり、またビーチは日差しが強く、ビーチハウスを所有する人たちで賑わう海岸を眺めたりしました。
サーフィンをするサンタクロースが登場したり、40度近い気温の中でクリスマスツリーが飾られたいたことを思い出します。マレーシアは熱帯の国なので半袖過ごすクリスマスにはどこか似たような感じがします。

(撮影by逗子マリナ)
※1ウタマ・ショッピング・センター広報より撮影許可をいただいています。
※写真の無断転載禁止

施設名
1ウタマ・ショッピング・センター(1 Utama Shopping Centre)
住所
1, Lebuh Bandar Utama, Bandar Utama, 47800 Petaling Jaya, Selangor
営業時間
10:00〜22:00 ※営業時間は店舗やレストランにより異なることがあります。

筆者

マレーシア特派員

逗子マリナ

2016年からクアラルンプール 在住の主婦兼フリーランスライター。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。