【ボルジョミ】ボルジョミウオーターで足湯はいかが?

公開日 : 2024年02月11日
最終更新 :
筆者 : MAO

皆さんგამარჯობა(ガーマルジョバ:こんにちは)!
いきなりですが、筆者はこの自己紹介にも書いているとおり、温泉や風呂が大好きなんです。
それゆえに偶然なのか、ドイツや大分県、ジョージアなど、温泉にゆかりの国や土地に住んできたほどなんです。
そんな筆者は、今ボルジョミに暮らすなかでの楽しみは、ボルジョミの町で汲んだ水を使って足湯をすること。

今回はボルジョミ水を用いた足湯についてご紹介します。

完全無料のボルジョミウォーター

さて、過去の記事にて、5ラリの入場料を払って入る中央公園内でボルジョミウオーターの試飲ができるとお伝えしましたが、ボルジョミには入場料を払って公園に入らなくとも、無料で水を汲めるポイントがいくつかあります。

今日は、「Crowne Plaza Borjomi」ホテル横の泉を紹介します。
Googleマップで検索(以下URL)すると、中央公園内の水汲み場であるエカテリーナの泉の写真が出てきますが、こちらは場所としては誤りの写真ですが、位置情報はあっていますので参照ください。

URL|https://maps.app.goo.gl/eG7T1i7jKBFNCWMA6

さて、ここの泉は完全無料で24時間水をいつでも汲めるということもあり、多くの方が空のボトルを持って訪れます。
筆者が汲みに行ったこの日も、何人かの方が列をなして汲んでいらっしゃいました。

空のペットボトルを忘れても、周りのお店には空のボトルが売っているので購入もできます。

お水を汲んでいる最中、さすが温泉ということもあり、硫黄の匂いがぷんぷん漂い、日本の温泉卵などが売っている温泉街を少し思い出しました。

水の温度は少し温い温度で、手を洗うと肌がスベスベになった感じがしました。

【過去記事】冬のボルジョミ中央公園へ|https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3004532/

温泉を汲みにくる方々
温泉を汲みにくる方々
青い柱が目印
青い柱が目印
大量に販売される2リットルボトル
大量に販売される2リットルボトル

おすすめの活用方法

筆者はボルジョミウオーターが自由に汲める環境に住んでいるため、これを上手く活用したいと思ったのが、足湯を始めたきっかけです。
残念ながら生活スタイルの違いから湯船のあるジョージア家庭は地方では少ないですが、桶を用いて足湯ならば簡単にできると思い始めました。

汲んできたボルジョミウオーターは、硫黄成分がしっかり入っているのでお家の中でも硫黄の香りが漂い、少量の汲んできたお湯にお湯を足すだけで、しっかりと足湯になります。

足湯をしながら、先日こちらでも紹介したボルジョミのハーブを使ったハーブティを飲むと、本当に心安らぐひと時です。


ジョージアでは、温泉はたくさんありますが、温泉を活用したアクティビティがあまりないので、こういった日本の文化を通して、ジョージアの方にも、温泉の色んな楽しみ方を知っていただきたいなとも思いました。

これを機に、筆者も日本の別府の地獄蒸しのような蒸し料理や、温泉卵など、日本にあるような温泉を活用したことにチャレンジしてみようかなとも思います。

筆者

ジョージア特派員

MAO

温泉(お風呂も)やキャンプを愛するMaoです。私が住む東欧ジョージアにあるボルジョミという町の魅力や観光情報をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。