海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > ロシア > ビザ・パスポート・入出国

ロシアロシアのビザ・パスポート・入出国

地球の歩き方がロシアのビザ・税関・検疫・予防接種などをご案内。ロシアへ渡航する際、ビザが必要か不要か、ビザの種類や申請方法、パスポートの残存有効期間についてなど、渡航する際の注意事項や、入出国に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




入出国とビザ

【ビザ】観光ビザの取得には旅行確認書とバウチャーが必要。2017年より一部の極東エリアに限り、8日間有効の電子ビザが発行されている。

【パスポート】ロシアに入国する場合、パスポートの有効残存期間はロシア出国期限より6ヵ月以上必要。ビザの申請の際には、少なくとも見開きで2ページ以上の余白があること。

【入出国時】ロシアに入国する際は、入出国カードの提出が義務づけられている。入国審査の際半分が返却され、出国の際その残りを提出する。また規定された以上の通貨や物品を持ち込む場合は、税関申告書の提出が必要。

【滞在登録】ロシアにおいて8労働日以上滞在する場合、滞在登録が必要。
通常の観光でロシアを訪れる場合は、ホテルに宿泊した際に自動的にこの登録がなされるので、この滞在登録に関してあれこれ心配する必要はない。友人宅などに宿泊する場合は、自分で手続きをしなければならない。

入国に当たって

 ロシアの入国手続きは、欧米やアジア諸国などで入国する場合と基本的に同じ。また飛行機や鉄道、船などといった入国方法による手続きの違いはない。

【入出国カード】
 入国手続きにはパスポートとともに入出国カードが必要。国際空港など一般的な国境通過地点では、通常入国審査時に印刷されたものが手渡されるので、事前に記入して用意しておく必要はない(2ヵ所にサインするのみ)。ただし陸路国境などでは手書きで記入しなければならないこともある。

【空港での入国手続き】
 まず、ヘルスチェックだが事実上フリーパス。次いで入国審査(Паспортный Контроль)でパスポート(と入出国カード)を提示する。パスポートには入国スタンプが押され、切り取られた半分の入出国カードとともに返却される。
 審査が終わったらターンテーブルで預けた荷物を受け取り、次は税関検査である。

【税関検査】
 税関(Таможня)は、申告なしの緑色コーナー(Green Channel/Зелёный Коридор)と、申告ありの赤色コーナー(Red channel/Красный Коридор)に分かれている。
 所持金が1万US$相当以下で申告すべき物品がない場合は、緑色コーナーを通って外に出ればいい。ただまれに呼び止められて、荷物や所持金の検査が行われることもある。
 申告すべき物品があったり、1万US$相当以上の所持金がある場合は、所定の税関申告書(Таможенная Декларация)に記入し、赤色コーナーで検査を受ける。

【空港からの移動】
 トランスファーの手配を依頼した人は、到着ロビーで自分の名前が書かれたカードを持っているガイドを探す。トランスファーの手配をしていない人は、各自でホテルなどに移動する。両替が必要な場合でも、空港両替所のレートは市内より悪いことが多いので、あまり多く換えないほうがよい。

◆ 列車で入国する場合
 手続きは飛行機で入国する場合と同様だが、列車でのロシア入国はよりシンプルだ。国境駅で停車した後、たいてい入国審査官と税関員が車内に乗り込んできてチェックをする。乗客が手続きのため列車を降りることはめったにない。入出国カードが切り取られ、パスポートにスタンプが押され、荷物を軽くチェックされてそれで終了というパターンが多い。

【バスで入国する場合】
 バスで国境を越える場合、基本的には国境の検問所で乗客全員が下車し、出入国手続きと税関検査を受けることになる。手続きの内容自体は空港などから入国する場合と変わりない。手荷物検査もあるが、バスのトランクを開けるだけの簡単なチェックであることが多い。

入国手順

【税関申告書】
 申告すべきものが物品のみの場合、一般記入用紙2枚に必要事項を記入して提出する。1万US$相当以上の所持金がある場合は、さらに追加記入用紙2枚に記入して、計4枚を提出する。その場で記入するのは大変だし、英語版の用紙があるとは限らないので、申告が必要な人は用紙をダウンロードして、あらかじめ記入しておいたほうがよい(URL eng.customs.ru/images/stories/site_content/files/english.pdf)。

出国にあたって

 空路で出国の場合は、出国手続きには時間がかかるので、当日は遅くても出発予定の2時間前までに空港に到着しておこう。空路の場合、まず最初にチェックイン、次いで税関検査、手荷物検査、その後に出国審査を経て搭乗となる。

【出国時の税関検査】
 カウンターでチェックインの後、申告のない人は緑色コーナーを通る。まれに抜き打ち的に検査が行われることもある。
 規定の物品のほか、所持金は1万US$相当未満は無申告で持ち出せるが、それ以上は入国時に税関申告をした場合のみ持ち出すことができる。
 次はボディチェックと手荷物検査。この際もポケットの小銭や時計などはもちろん、オーバージャケットや、靴も脱いで検査されることもあるので覚悟しておくほうがいいだろう。

【出国審査から搭乗まで】
 手荷物検査を通ったら、イミグレーションの出国審査でパスポートと残り半分の入出国カード、搭乗券を提示する。パスポートに出国スタンプが押されて、搭乗券とともに返却され出国審査は終わり。残り半分の入出国カードはここで回収される。搭乗時刻に遅れないよう、ゲートへ向おう。

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは
■海外旅行中のスマホ利用 これだけ知っておけばOK

ヨーロッパ の海外航空券

ロシアのツアー最安値

ロシアの現地ツアー

ロシアのおすすめホテル

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■海外 のお金情報・お金事情

ヨーロッパにもどる