海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > 御朱印 > 地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる秩父の寺社 三十四観音完全掲載 改訂版

地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる秩父の寺社 三十四観音完全掲載 改訂版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,500円+税
発行年月: 2020年01月
判型/造本:A5変並製
頁数:144
ISBN:978-4-478-82430-6

都心からも日帰り可能で日本百観音のひとつである秩父三十四観音霊場と三大神社をめぐりながら御朱印を頂こう。

以下で購入する

地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる秩父の寺社 三十四観音完全掲載 改訂版の内容紹介

都心から日帰りでも行ける秩父。のどかな田園風景が広がり、訪れたお寺や神社で出会った人たちのあたたかさに触れることのできる、昔ながらの巡礼が残っている数少ないところです。旅の基本であるグルメと周辺の観光、さらに御朱印の読み解き方や歴史、寺社の名物やGOODSなども紹介。秩父巡礼の旅に誘う一冊です!

地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる秩父の寺社 三十四観音完全掲載 改訂版の詳細

本誌には以下の内容が収録されています。


『地球の歩き方御朱印シリーズ』は2006年、日本ではじめて御朱印をテーマにした書籍として誕生しました。鎌倉、京都、奈良、東京、高野山などの古寺を中心とした「お寺シリーズ」、全国の知られざる御朱印だけを集めた「凄いシリーズ」、全国、関東、関西、東京、神奈川、埼玉、北海道、九州、千葉の「神社シリーズ」を発行してきましたが、「秩父のお寺だけを集めた本はないのですか?」という読者の皆さんの声にお応えし、秩父の寺社の御朱印本、登場です。

もともと、お寺で納経をした時に、その証として授与していた御朱印。今では参拝の証として、気軽に頂けるようになり、最近では女性を中心に集める人が増えています。

旅の基本はおいしい料理と観光、季節の花。本書ではせっかく御朱印を頂いたのに何て書いてあるのかがわからない、印の意味が知りたいという方のために御朱印の読み解き方を説明しています。また歴史、意味の解説はもちろん、そのお寺の名物やGOODSエトセトラにも触れています。

御朱印はこれからの人も、すでにの人も、本書と御朱印帳を持って旅に出れば、もっと楽しめる。もっと幸せになる。京都在住者と旅行者は必携の一冊になっています!

【目次】
●はじめに(コロッケさんインタビュー、おめぐりMAP、アクセス、基礎知識)
●秩父の神社(モデルコース、三峯、秩父、寶登山、聖ほか)
●秩父三十四観音巡礼(1番~34番)

ほか、モデルコース、エリア別ルート案内、茶屋、わらじかつ等のグルメ情報、花のシーズン、行事カレンダーなど

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する

電子書籍もあります

状況によって配信している電子版が旧版の場合がありますので、年度表示にご注意ください。