No.405小食でも菜食主義でもコース料理OK!リールのお勧めレストラン

公開日 : 2018年02月09日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

日本でもよく知られているように、フランス料理のフルコースは、アントレ→メイン→チーズ→デザートと、最低四皿出てくるのがスタンダードパターンです。

けれども、そうでなくても時間の足りない現代人。フランス人の食事の仕方もずいぶん変わり、今はどこのレストランでも、メインしかとらなくても、驚かれたりはしませんし、カジュアルなレストランなら、メイン+デザートのみというセット料金も設定されているのが普通になってきました。

405-1-thumb-autox973-331680.jpg

食事は旅行の楽しみの一つとはいえ、毎日フルコースでは、身が、いえ、胃がもたない日本の方も多いのではないでしょうか。

私も小食なので、いつも、お皿の数を合わせなければならない場面では、頭を悩ませることになります。(注*フランスでは、ワンテーブルでお皿の数を合わせるのが基本です。注文の前に、必ず、同じテーブルについた者同士で、お皿の数(アントレを取るか否か)を決めるのです)。

ところが、先日、小食でも、十分食べきれる量の軽いコース料理を見つけました。場所はリル(Lille)旧市街。運河に面するホテル・クーヴァン・デ・ミニム(Hôtel Couvent des Minimes)。 17世紀の修道院を、モダンに改装した4つ星ホテルです。

405-2.JPG

昔の回廊

レストランの場所は、回廊が取り巻くパティオ。元は屋根のなかった場所に900平方メートルという大きなガラス張りの天井を設け、レストラン「ル・ジャルダン・デュ・クロワートル(Le Jardin du Cloître)」(回廊の庭、という意味)になっています。

天井が高くのびのびした気分になれるとともに、自然光がふんだんに入りますから、内にいながらにして、開放感を感じるつくりです。

405-3.JPG

パティオのガラス天井

レストランのメニューは、コースなら、ウィークデーのビジネスランチが、フルコースで22.5ユーロ。堪能したい向きへのコースは、フルで39ユーロ。

今日注目したいのは、このレストランのローカロリーコース(28ユーロ)と、ベジタリアンコース(28ユーロ)。この二つはヘルシーで、小食の人向けなのです。

405-4.JPG

ローカロリーコースのメイン料理例

例えば、今の季節の【ローカロリーコース】は、

アントレ:かぼちゃのスープにアニスシードオイルとベーコン

メイン:舌平目のレモンバターソース

デザート:チョコレートとミルクジャムのミルフイユ

【ヴェジェタリアンコース】は、

アントレ:クルミのサブレに赤ビーツのゼリー添えと、ヤギチーズのムース、しょうがとシブレット添え

メイン:セープ茸とモッツァレラと野菜のラビオリ

デザート:花梨のタルトとキャラメルリンゴのコンポート、はちみつ味のチュイル

といった具合。

もちろん、コース料理以外にもアラカルトメニューがいろいろあります。詳しくはこちらをご覧ください。英語でも書いてあります。

レストランの開店時間は次の通り。

月曜~土曜:12時~14時、19時~22時

日曜・祝日:12時~14時半、19時~21時半

パティオの一部はピアノバーで、レストランに併設されています。ちょっとした飲み物や軽食も楽しめますから、レストランの営業時間と合わなければ、ピアノバーで寛ぐのもお薦めです。

住所は、17 Quai du Wault

電話番号: +33 (0)3 20 30 62 62

最寄りの地下鉄駅はRihour(リウール)。徒歩約10分。

(冠ゆき)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。