【レンヌ】他にはない絶品マカロン!フィリップ・ブーヴィエ

公開日 : 2019年03月13日
最終更新 :

「レンヌで美味しいお菓子屋さんはどこですか?」という質問によく名前が挙げられるのが、フィリップ・ブーヴィエ(Philippe Bouvier)という名前のお店です。

ブルトンに愛される名店

Arukikata4-Bouvier1-Boutique.jpg

16歳からレンヌのパティスリー、メゾン・アンクティル(Maison Anquetil)で見習いとして働き始めたパティシエのブーヴィエさんは、ル・ノートルやダロワイヨといったパリやリヨンの有名店で修行を重ねた後、レンヌへ戻り夢だった自身の店を開きました。現在ではレンヌに2店舗、ブルターニュ北部の街サン・マロに1店舗を構え、地元に愛される名店へと成長を遂げています。

開業して25年以上たった今でも、ブーヴィエさんにとってブルターニュの海がお菓子作りのインスピレーションの源となっているようです。特に、ゲランドという街で生産された最高品質の塩が、この店で作られるチョコレートやケーキをさらに味わい深いものにしています。

さっくり生地と素材の味を生かしたクリームが調和する絶品マカロン

Arukikata4-Bouvier2-Macaron.jpg

数ある商品の中で僕がお勧めしたいのは、色とりどりのマカロンです。この店のマカロンは、さっくりとしたメレンゲ生地に、素材の味を生かしたクリームとコンフィチュールが詰まっているのが特徴です。特に美味しかったのはピスタチオ味とグレープフルーツ味。口に入れた瞬間に上品で風味豊かな香りが広がるピスタチオクリームと、甘みと酸味が調和するグレープフルーツのコンフィチュール入りのクリームは他では味わえない美味しさです。

リーズナブルな値段で楽しめるイートイン

Arukikata4-Bouvier3-Cafe.jpg

店内には簡単なイートインスペースがあり、コーヒーや紅茶と共に購入した商品を食べることが出来ます。コーヒーが1.2ユーロ、マカロンが1.7ユーロ、ケーキ類も4ユーロ前後とリーズナブルな値段も嬉しいポイントです。

種類豊富なチョコレートもこの店のおすすめ!

Arukikata4-Bouvier4-Chocolat.jpg

ショコラティエでもあるブーヴィエさんが生み出す種類豊富なチョコレートも、この店の人気商品です。スパイス(胡椒、シナモン、ヴァニラetc.)や花の薫(ジャスミン、ハイビスカス、バラetc.)、果物(フランボワーズ、カシス、オレンジetc.)など様々な味や香りが楽しめます。ショーケースにずらりと並んた色々な模様のチョコレートを眺めて選ぶのも楽しい時間です。

絶品マカロンを楽しめるパティスリー、フィリップ・ブーヴィエ!レンヌでの散策の合間にぜひ立ち寄って見てくださいね。

▼一緒に読みたい

それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。