アイガー・ユングフラウのアルプスを眺めながらフィルストでスキー!

公開日 : 2020年12月05日
最終更新 :

スイスのスノースポーツシーズンは、例年4月まで続きますが、今年2020年は新型コロナウイルスの感染拡大にともない、ロックダウンが実施され、3月にスノースポーツ施設も閉鎖となりました。

今年はこれからスノースポーツが楽しめるのか、現段階ではわかりませんが、ロックダウン前の今年1月に楽しんだグリンデルワルトから上ったフィルストを紹介します!

密にならない一面の銀世界! スイスのスノースポーツの醍醐味は、なんといってもこの絶景です。

20201124-first-text.JPG

フィルストからは、アイガー・メンヒ・ユングフラウに代表される、ベルナーオーバライドのスイスアルプスの山々が望めます。

ゲレンデの幅も広く、私のような上級者でなくてもリラックスして滑れます。

リフトを待つあたりでは少々密になりますが、屋外だし、みんなスキーやスノーボードを履いているので、必然的にある程度の距離が保てます。

スノースポーツ以外のアクティビティ

フィルストには、夏場のアクティビティとしても楽しめる、アトラクションがあります。

1. フィルスト・クリフウォーク

フィルスト山の切り立った絶壁にそって歩く遊歩道。

20201124-first-clifwalk-text.JPG

2. フィルスト・フライヤー

滑車のついたベルトの椅子に座り約800mを一気に下る、空中散歩。

20201124-first-flyer-text.JPG

3. フィルスト・イーグル・グライダー

20201124-first-eagle-text.JPG
4人乗りの特製グライダーは鳥になった気分を味わえる新アトラクション

そのほかにもタンデムで楽しめる、パラセーリングや、ウインターシーズンにはソリ滑りなど、一日中楽しめます!

3つのアクティビティを動画でもお楽しみください。

それでは、今日はこの辺で!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。