昭和の世界観がエモい「西武園ゆうえんち」

公開日 : 2021年05月23日
最終更新 :
12.JPG

2021年5月19日、埼玉県所沢市「西武園ゆうえんち」がリニューアルオープンしました。リニューアルコンセプトは「心あたたまる幸福感」。SNSなどインターネットでの友人関係が広がる一方、リアルなご近所づきあいなどが減り続けているこの時代に、"おせっかいなほど人情味にふれた人懐っこい人々"との心のふれあいを体験できる遊園地に生まれ変わりました。

写真に写っている新聞は、園内マップ。これから紹介する"夕日の丘商店街"の入口で入手できますよ。

活気あふれる昭和の町並み「夕日の丘商店街」

9.JPG

入園して目の前に現れるのは、1960年代の町並みを再現した「夕日の丘商店街」。

昭和歌謡が流れる商店街には30店舗が立ち並び、そこで暮らしているかのような人々とのインタラクションを楽しむことができます。

0.JPG

1960年代の商店街は、細部までこだわって再現されており、そのクオリティの高さには驚きしかりません。"あの頃の日本"は、おもに1階が商店、2階が住居になっていたため、2階には靴下が干されていたり、玄関先にはガスや電気のシールも貼られています。

1.JPG

「ナリキリ洋品店」では、帽子やストール、がま口ポーチポシェットなど、いまの時代も使える昭和のおしゃれアイテムを販売。商店街にある30店舗の中には、中に入れない店舗や、"本日休業"の札を掲げている店舗もありますが、ぜひ中を覗いてみて! 本当に"本日だけ休業"だと思わせる、生活感たっぷりな光景を目にできるはずです。

13.JPG

西武園ゆうえんち内は、コインロッカーや自動販売機、ベビーカーレンタルなどを除いて、独自の通貨「園(せいぶえん)」のみ使用可能。西武園通貨は、入園ゲート前のチケット販売ブースと商店街真ん中に位置する「郵便局」で購入できます。また、帽子をかぶった郵便局員スタイルの園通貨交換係も園内を歩いているので、見つけたら声をかけて購入してくださいね。

西武園通貨は、10園=120円。50園(600円)単位、もしくは250園(3000円)単位で購入可能です。

事前購入になりますが、チケットに西武園通貨が450園がついた「マル得レヂャーパック」は、少しだけお得な料金設定になっているので、園内で飲食・お買い物を楽しむ予定の方は、こちらの購入をおすすめします。

5.jpg

夕日の丘商店街には、魅力的なグルメもいっぱい! 団子、コロッケ(ここではクロケットと呼ばれる)、焼きモロコシ、かき氷、ポン菓子など、ラインアップも昭和!

2.jpg

「喫茶ビクトリヤ」では、スパゲッティ・ナポレターナ、バタアエビピラフ、ハットケーキといった軽食や、プリン・ア・ラ・モード、クリイムソーダなどのデザートやドリンクをいただけます。当時を思わせるネーミングもおもしろい!

staff2.jpg

夕日が丘商店街では、「フレンズクルー」によるショーも行われています。

"いかにも"な「泥棒」と「駐在」によるカッコいいドタバタ劇『追え!盗人大騒動!』、早口かつ独特な言い回しでみんなをひきつけ笑顔にする『饒舌!八百八たたき売り』、ただの紙芝居ではないゲストを巻き込むエンターテインメント『仰天!奇想天外紙芝居』など、笑えるだけでなくどれも感心してしまうほどハイクオリティ!

FotoJet.jpg

商店街では、チンドン屋の演奏に合わせて歌やダンスが始まったり、そば屋の出前に出くわしたり、魚屋と八百屋のちょっと口が悪いけど仲のいい絡みが見られたり、常にゲストを飽きさせない演出の数々。"昭和"を知る人には懐かしく、知らない人には新しいスポットになっています。

FotoJet.jpg

商店街の入口にはおみやげ店も。ゴジラやジャングル大帝、鉄腕アトムなどのキャラクターが描かれたグッズやお菓子、懐かしい駄菓子をモチーフにしたポーチ、キーホルダー、文房具など、目移り必至なグッズが並びます。

西武園通貨は当日のみ使用可能になっており、次回に持ち越すことができません。いろいろ買い物をしたあとに、10園、20園など少額が残ってしまったら、駄菓子屋さんがおすすめ! 駄菓子3つで10園なので、使いきるのに最適ですよ。

超絶に大興奮「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」

gozira.jpg

新しい「西武園ゆうえんち」では、新たにライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が登場! ネタバレになるので詳細は書きませんが、プロジェクションマッピングを使ったプレショーは、緊迫感がすごい! そして、アトラクションに乗り込んだあとは、突如として襲われるスリルの連続に大興奮。館内には、大人の「キャー!」が響き渡るレベルですが、怖くなったら目を閉じて背もたれに寄りかかっていれば大丈夫なので、ぜひ一度体験してみてくださいね。

TM&©TOHO CO., LTD.

手塚治虫氏の代表作がテーマの「レッツゴー!レオランド」

leo.jpg

以前「ハローキティ メルヘンランド」だった場所は、日本を代表する漫画家・手塚治虫氏の人気作品『鉄腕アトム』と『ジャングル大帝』のキャラクターをテーマとした遊園地に。「レッツゴー!レオランド」には、「飛べ!ジャングルの勇者レオ」「レオとライヤの夕日列車」など4つのライドアトラクションのほか、「巨大すごろく」や「トリックアート」があり、全部で6つの体験が楽しめます。

また、ひと際目を引く赤い建物「レッツゴー!バザール」では、アトムやレオをはじめとした手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした、西武園ゆうえんち限定のグッズを販売していますよ。ここでの買い物も、西武園通貨が必要になります。

©TEZUKA PRODUCTIONS

なつかしい乗り物も活躍!

letoro.jpg

新しくなった「西武園ゆうえんち」には、西武園遊園地のシンボルともいえる「オクトパス・アドベンチャー」をはじめとしたアトラクションが、いくつも残されています。見た目は変わらなくても、音響を新しくしたり、フレンズクルーとの触れ合いを通じて、リニューアルコンセプトでもある"心あたたまる幸福感"に包まれる時間を過ごすことができますよ。

「西武園ゆうえんち」の基本情報

・住所: 埼玉県所沢市山口2964

・料金: ①1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)

→大人(中学生以上)4400円・子供(3歳~小学生)3300円

②マル得1日レヂャーパック(西武園通貨450園分付き)※事前販売のみ

→大人(中学生以上)9500円・子供(3歳~小学生)8500円

・駐車場: 1000台 ※臨時駐車場含む 1日1800円

2021年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどで確認してください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。