ムーミンバレーパーク「SUMMER ART FESTIVAL」

公開日 : 2021年07月07日
最終更新 :
image6.jpeg

2021年6月26日、埼玉県飯能市、宮沢湖畔にある「ムーミンバレーパーク」で、「SUMMER ART FESTIVAL」がスタートしました。4月から始まっていた日本最大級のアンブレラスカイは、デザインを夏バージョンに。さらには、ムーミン谷が雲海に包まれる演出も! この夏限定のグルメやグッズ、ワークショップなどとあわせて紹介します。

日本最大級のアンブレラスカイ「ニョロニョロの雷スプラッシュ」

4月17日から始まった、日本最大級・約1200本のアンブレラスカイ「ムーミン谷とアンブレラ」は、6月26日から夏バージョン「ニョロニョロの雷スプラッシュ」になりました!

image7.jpeg

ムーミンバレーパークのエントランスを抜けると現れるアンブレラスカイ。北欧の夏至をイメージし、ブルーを基調としたデザインになっています。今回のデザインも、北欧の人気テキスタイルブランド"marimekko"などのデザインを手がける鈴木マサル氏が担当。アンブレラスカイは、原作『ムーミン谷の夏まつり』でムーミンパパが台本を書いた"ライオンの花よめ"をモチーフにしたデザインでスタート!

image10.jpeg

傘と傘の間には、物語に出てくるキャラクターたちが飾られていますが、その中には上の写真のような"べからず看板"が。この"べからず看板"は、他人から命令されたり、何かを禁止されることが大嫌いなスナフキンが、踏みつぶして引っこ抜いてしまったものです。だからボロボロなんですね。

image9.jpeg

そして次に現れるのは、なんと101体のニョロニョロ!

このエリアでは、ピカピカっと稲妻が光ったと思ったら、ニョロニョロたちの間から、まるで夕立のようなミストのシャワーが降り注ぎます。このニョロニョロたちは、夏至前夜にスナフキンが種をまいて発生させた子たちです。晴れた日はアンブレラの影が地面に映りキレイですが、雨の日は降り注ぐミストが辺りに滞留して、より幻想的に。

「SUMMER ART FESTIVAL」最大の見どころ

image2.jpeg

この夏イベント最大の見どころは、ムーミン谷が雲海に包まれる「ミスト オブ マジックハット」。

ムーミン屋敷の前には大きな「飛行おに」の魔法の帽子。この"中に何かを入れると姿を変える不思議な帽子"から出てきたのは大量のミスト!

image1.jpeg

ムーミン谷は、暑い夏を和らげてくれる雲海に包まれます。その時の風の強さや向きによって雲海の見え方は変わり、同じ景色は二度と見られないのも魅力。

夏ならでは!ひんやりスポット登場

FotoJet2.jpg

ほかにも、夏ならではのイベントも。

壁や床、造形物などすべてに映像を投影する"体感モーフィングシアター"を用いた人気アトラクション「海のオーケストラ号」では、ストーリーに合わせて水しぶきの出る特別バージョンに! また、こどもの遊び場「ヘムレンさんの遊園地」には、子供たちの水遊びスポット「ウォーターファウンテン」が登場しました。ウォーターファウンテンでは、定期的に地面から噴水がでるので、びしょ濡れ必至! 必ず着替えをお持ちくださいね。

限定グルメはコチラ

image3.jpeg

原作『ムーミン谷の夏まつり』から、スナフキンが夏至前夜に"ニョロニョロの種"をまくワンシーンをイメージして誕生した「ミッドサマーパンケーキ」。ミントで飾られた草原に、"ニョロニョロの種"に見立てたパッションフルーツとマンゴーのソースをかけていただきます。

パンケーキの外側にはキウイソースとレモンクリーム、中にはチーズクリームとイチゴのソースが隠れていて、爽やかでフルーティーな味に仕上がっています。パッションフルーツの種のプチプチ感と、ナタデココの食感がおもしろい!

パンケーキと一緒に、限定ドリンク「アンブレラ・スカイソーダ」はいかがですか?

きれいなブルーの飲み物は、グリーンアップル味のソーダです。

image4.jpeg

「アンブレラ・スカイソーダ」には、ひと文字違いの姉妹品も。

こちらは、ムーミン谷エリアにあるコケムスの2階にあるカフェでいただける「アンブレラ・スイカソーダ」。その名の通りスイカ味のソーダです。爽やかなソーダと凍らせたスイカの果肉で、身体の中から涼しくなろう!

今回はニョロニョロ推し!グッズ&ワークショップ

FotoJet.jpg

「SUMMER ART FESTIVAL」では、原作『ムーミン谷の夏まつり』をモチーフにしたハンカチやマグカップ、花冠などが登場! また、フラッシュで光るTシャツや、ボールチェーンのついた指人形など、ニョロニョロの新商品もめちゃくちゃかわいいですよ。コケムス1階にあるショップには、ニョロニョロコーナーも。ぜひチェックしてみてくださいね。

image12.jpeg

コケムス2階では、夏限定のワークショップも開催中! ウッドバーニングという技法で描いて作る特別なウッドボックスに「ムーミン谷の夏まつり」のアートが登場。大人から子供まで楽しめるバッジづくりでは、SUMMER ART FESTIVALのアートやニョロニョロのモチーフなど、この季節限定のデザインもありますよ。

そして、傘の骨を組み立てるところから始める「私だけのアンブレラを作ろう!」は夏休みの自由研究にもおすすめですよ。

もうすぐ梅雨明け! ムーミンバレーパークで、暑い夏を涼しく楽しみましょうね。

ムーミンバレーパーク「SUMMER ART FESTIVAL」の基本情報

・開催期間: 2021年06月26日~2021年08月29日

・住所: 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ

・入園料金: 大人(中学生以上)2500円、子供(4歳以上 小学生以下)1500円

・ワンデーパス(入園+有料施設共通チケット): 大人(中学生以上)4200円、子供(4歳以上 小学生以下)2300円 ※前売りチケットは各200円引き

(C)Moomin Characters TM

2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式ウェブサイトなどで確認してください

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。