近代アート建築の宝庫【ロッテルダム】にある個性派住宅「キューブ・ハウス」

公開日 : 2023年09月01日
最終更新 :

個性あふれる、モダンで独特な建物が多いことで知られるオランダ第2の都市ロッテルダムのブラーク駅近くには、これまた変わった集合住宅「キューブ・ハウス(Cube Houses)」があります。

黄色い外壁が目立ち、あちこちで自撮りやポーズを決める観光客にあふれ、SNS映え抜群の名所を紹介します。

住めるの? 独特すぎる住宅構造

文字通り、家の形が正方形なのが特徴ですが、驚くべきはその角度。三方が地面に向かって53.5度傾いており、残りは空を向いています。

オランダの建築家ピート・ブロム(Piet Blom)氏によって、1984年に完成した全38戸の家々はすべて同じサイズと造りの3階建てで「こんなところに住めるの!?」と思ってしまいますが、実際に創設以来ずっと人が住んでいるそうです。現在でも、たまに賃貸の空きがでるそうです。

入ってみる? 内部見学できる博物館

「いったい中身はどうなっているのだろう」と、気になる住み心地ですが、たった€3で内部を見学できる博物館がちゃぁんと用意されているのです! 

それも、気まぐれな観光客にはたいへん好都合な、予約なしで毎日開いているという便利さ。とはいえ、開放されているのは部屋の床面積100㎡の1軒分のみなので、1度に入れる人数は限られています。

それでもさほど待つこともなく、すんなり順番が回ってきました。チケットは施設内の受付で現金、またはカードで支払います。

Architect: Piet Blom ©︎Kijk-Kubus Museum-house
Architect: Piet Blom ©︎Kijk-Kubus Museum-house

1階にはキッチンと浴室が、2階には寝室と書斎があり、3階はリビングとなっています。最上階にあるこの青いイスに座って写真を撮るために、皆順番待ちをしていました。

Architect: Piet Blom ©︎Kijk-Kubus Museum-house
Architect: Piet Blom ©︎Kijk-Kubus Museum-house

来場者からは窓の清掃についてよく質問を受けるようですが「暴風雨頼み」とのことで、住人が外側から自分で拭くことはできないようです。

実際には、ウェブサイト上に清掃作業中の写真がたくさん載せられていたので、日本のマンションでいう管理維持費のような形で家賃に含まれているのかも? しれません。

意外! 昔の風情が残る周囲の環境

住宅のすぐ裏手には近代的な光景が多いロッテルダムには珍しい、古きオランダらしさを感じさせる旧港(Old Harbour)エリアがあります。

13世紀の頃に小さな漁村だった同地区はロッテルダム生誕の地で、ロッテ川の河口に位置していた港は、ロッテルダム初の自然港となりました(参照:“History Old Harbour” Kubuswoning.)。現在では飲食店が軒を連ねる、にぎやかなエンタメスポットとなっています。

泊まってみる? 住人気分で利用するホステル

キューブ・ハウス博物館の公式ウェブサイトによると、住人にはクリエイターや自由業、“オープン・マインド”な偏見を持たない柔軟思考な人が多いそうです。

よく見ると、隣に立つマンションらしき建物も十分個性的で、一帯はアートな雰囲気に包まれています。実際80年代までは、キューブ・ハウスに囲まれた4つの遊歩道、通称「オーバー・ブラーク(Overblaak)」でファッションイベントなど、文化的なイベントが定期的に開催されていたそうです。

2000年代からは緑化が盛んになり、多くの鉢植えが置かれるようになりました。また、旧港サイドには、オランダ国内のユニークな場所でホステル業を展開する、地場のStayokayによる宿泊施設があります。

博物館の室内と同じものではありませんが、傾斜した窓や空間などキューブ・ハウスを再現したデザインの部屋に泊まることができます。低価格帯のホステル式なので、相部屋のドミトリーなどもあり、予算に合わせてキューブ・ハウスに暮らす雰囲気を味わえそうです。

近くにはキューブ・ハウス同様、ブラーク駅前すぐに位置する、オランダで初めて建てられた屋内型マーケット「マルクトハル(関連記事)」もあるので、観光面でも充実していますよ。

◼️
キューブ・ハウス博物館(Kijk-Kubus Museum-house
・住所
Overblaak 70, 3011 MH, Rotterdam
・アクセス
地下鉄Blaak駅徒歩2分
・営業時間
毎日11:00〜17:00
・入場料
€3、子供(12歳以下)€1.5

筆者

イギリス特派員

パーリーメイ

2017年よりロンドン南部で家族と暮らしています。郊外ならではのコスパのよいレストラン、貴族の邸宅、城めぐり、海沿い情報などが得意です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。