海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > ガイドブック A ヨーロッパ > 地球の歩き方 ガイドブック A12 フィレンツェとトスカーナ 2019年~2020年版

地球の歩き方 ガイドブック A12 フィレンツェとトスカーナ 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,700円+税
発行年月: 2019年06月
判型/造本:A5変並製
頁数:408
ISBN:978-4-478-82354-5

ルネッサンス都市フィレンツェとトスカーナの珠玉の町々。緑深き中部イタリアの中世都市をじっくりと旅したい人のための詳細ガイドです。

以下で購入する

地球の歩き方 ガイドブック A12 フィレンツェとトスカーナ 2019年~2020年版の内容紹介

ルネッサンス発祥の地フィレンツェは、イタリア美術にふれるには最高の訪問地です。また、糸杉の連なる田園風景で有名なトスカーナ州は、美食の地であり伝統的な手工業品の宝庫です。本書では、風光明媚な中部イタリアに点在する魅力的な町々の紹介とともに、小さな美しきボルギ(村々)へも旅人を誘います。イタリアの美しき町や村の魅力満載!

地球の歩き方 ガイドブック A12 フィレンツェとトスカーナ 2019年~2020年版の詳細

※今回の2019~2020年版には以下の内容が収録されています。

広大なトスカーナ州の町の紹介では、新規取材とともに州内のエリア分けを行い、掲載順を分かりやすくしました。フィレンツェでは、見どころの歴史や美術の詳しい説明に加え、町歩きが楽しくなるように、レストラン・ショップの一層の充実をはかりました。ワインと一皿料理が楽しめるエノテカ、行列のできるパニーノなどを味わい、アルティジャーノ(工匠)の作る品をお手に取ってください。特上のフィレンツみやげの紹介もお楽しみに!

今版から、中部イタリアに点在する「イタリアの美しきボルギ(村々)」の紹介を充実させています。花の咲き競う村、標高のある景観のよい村、中世のままの広場が残る村、陶器やリネンで有名な村など……。イタリアの美しき小さな村の魅力も満載です。

また、フィレンツェ観光の目玉、ウッフィツィ美術館では、近年大規模な展示替えが行われておりましたがほぼ終了に向かっています。再開された展示室も多く、フロアマップとともに最新の展示状況を反映させました。巻末の技術編では、レストランで使うイタリア語、フィレンツェのショッピング情報などの充実をはかりました。

●巻頭特集
1:ウンブリア州に「イタリアの美しきボルギ(村々)」を訪ねて
・オリーブ林と湖の美しきリゾート カスティリオーネ・デル・ラーゴ
・ウンブラの谷を睥睨する孤高の村 トレヴィ
・中世がそのまま残る城塞の村 ベヴァーニャ
2:フィレンツェでお気にいりを探す!
・大人のショッピング案内 
3:フィレンツェ・中央市場の食材で、自宅イタリアンを!

●注目の特集
・世界遺産、オルチャの谷を訪ねる
・銘醸ワイナリーを訪ね、キャンティ街道をゆく

●イタリアの美しきボルギ(村々)紹介
・トスカーナ・リネンと古戦場 アンギアーリ
・花咲く中世の町 スペッロ
・ウンブリアの手すりと呼ばれる モンテファルコ
・「カリオストロの城」の舞台 サン・レオ

●本書に掲載しているおもな都市
【トスカーナ州】
フィレンツェ ピサ ルッカ シエナ サン・ジミニャーノ ヴォルテッラ モンタルチーノ ピエンツァ モンテプルチャーノ アレッツォ アンギアーリ コルトーナ マッサ・マリッティマ エルバ島

【ウンブリア州】
アッシジ ペルージャ フォリーニョ スペッロ モンテファルコ スポレート トーディ オルヴィエート グッビオ

【マルケ州】
アンコーナ アスコリ・ピチェーノ サン・レオ ウルビーノ

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する

電子書籍もあります

状況によって配信している電子版が旧版の場合がありますので、年度表示にご注意ください。

おすすめの記事