海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > ガイドブック D アジア > 地球の歩き方 ガイドブック D22 アンコール・ワットとカンボジア 2019年~2020年度

地球の歩き方 ガイドブック D22 アンコール・ワットとカンボジア 2019年~2020年度

地球の歩き方編集室
定価:本体1,700円+税
発行年月: 2018年12月
判型/造本:A5変並製
頁数:384
ISBN:978-4-478-82274-6

『一生に一度は行きたい世界遺産』アンコール遺跡群の魅力と楽しみ方を徹底解説。クメール文化と町歩き情報も大充実!

以下で購入する

地球の歩き方 ガイドブック D22 アンコール・ワットとカンボジア 2019年~2020年度の内容紹介

アンコール・ワットをはじめとする、クメール美術の真髄を体現するアンコール遺跡群を徹底解説。
シェムリアップ、プノンペンなど10都市の町歩きガイドや、アプサラ・ダンス、カンボジアシルクなどのクメール文化、カンボジア料理・おみやげ紹介も充実。
カンボジアを安全・快適に旅するための情報にも注力しています。

地球の歩き方 ガイドブック D22 アンコール・ワットとカンボジア 2019年~2020年度の詳細

今回の2019~2020年版には以下の内容が収録されています。

2016年成田からプノンペンに直行便が就航し、ますます身近になったカンボジアと世界遺産アンコール・ワットの魅力を徹底取材し、紹介しています。

●本書の構成

■アンコール遺跡群巡礼
【ガイダンス】アンコール遺跡群マップ/注目の遺跡エリアナビ/初心者のためのアンコール遺跡ガイダンス/3泊5日完璧モデルプラン/遺跡めぐりのモデルコース など

【天空の楽園 アンコール・ワット】アンコール・ワットに隠された秘密とその魅力/第一回廊は壮大なレリーフのギャラリーだ/造形のドラマ。姿を変えるアンコール・ワット など

【王と神の都市 アンコール・トム】宇宙の中心、バイヨン/バイヨンの回廊は一大絵巻 など

その他、大樹が絡まる迫力の遺跡タ・プロームをはじめとしたアンコール・トム周辺の遺跡、そして『東洋のモナリザ』で有名なバンテアイ・スレイなどの郊外遺跡、さらにタイとの国境にある『天空の遺跡』プリア・ヴィヘアなど。人気の遺跡から秘境系の穴場遺跡まで徹底紹介します。

■アンコール遺跡の楽しみ方
クメール建築解読術/クメールの神々鑑賞法/アンコール遺跡のおすすめ撮影スポット/ドラマチックなサンライズ&サンセット/乗り物から遺跡を満喫など

■クメール文化を探る
クメール文化の華「アプサラ」の踊り/復活した影絵芝居/カンボジア料理を極める(レストランの利用法、カンボジア料理メニュー、屋台料理を食べ歩こう!、体に優しい甘味&フルーツ、甘味&ドリンクメニュー)/カンボジアシルクに魅せられて/カンボジアみやげなど

■町歩きガイド(全12都市を網羅)
シェムリアップ/プノンペン/シハヌークビル(コンポンソム)/バッタンバン/ポイペト/コンポンチャム/クラチェ/カンポット/コッコン/ラタナキリ(バン・ルン)/モンドルキリ(センモノロム) など

■旅の準備と技術編
カンボジアへのアクセス/ルートと予算/治安とトラブル など

■カンボジア百科
自然と気候/カンボジアの歴史/旅のクメール語 など

■コラム
日本人の見たアンコール・ワット/プノン・バケンからの360度のパノラマ/占いを試してみる/シェムリアップいちのナイトスポット パブ・ストリートへ/トンレサップ湖クルーズ など多数

■トラブル例や穴場情報を事前にチェック! 読者投稿

予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する

電子書籍もあります

状況によって配信している電子版が旧版の場合がありますので、年度表示にご注意ください。

おすすめの記事