スイスで妊娠〜妊娠初期〜

公開日 : 2017年02月08日
最終更新 :

≪スイス情報.comのメンバーが、スイスで妊娠した時の様子をレポートしてくれました。≫

妊娠出産は初めての事ばかりで心配ごとが増えていきますね。

言葉や生活習慣に不慣れな海外で出産となるとさらに戸惑うことも多くなります。

私は現在スイスで第2子を妊娠中。スイスで妊娠したらよいのか?

私の体験を数回に分けてシェアしたいと思います。

妊娠かな?と思ったら、まずは薬局やドラッグストアで市販されている妊娠検査薬(ドイツ語:Schwangerschaftstest)を買い、自分で検査します。

妊娠検査薬はプラスチックケースに入ったスティックタイプと、低価格の試験紙タイプがあります。

2017_01tokuhain_YM640×480_credit .JPG

私の場合は初めて自宅でチェックしたのが妊娠5週目。

妊娠検査薬で陽性が出たのですが、第1子妊娠の際に、病院に早く行き過ぎて再診まで余計不安になってしまった経験があるので、1週間待つことにしました。

そして1週間後に再度自宅で検査。そこで陽性反応が出たので、婦人科で初診の予約を入れました。

電話予約の際、妊娠6週目だったのですが、早過ぎるとのことで、妊娠8週目まで待つ事になりました。

初診は早くても8週以降というのが一般的なようです。

さて、スイスは町医者制度ですので出産までの健診は個人婦人科医に通い、出産は病院・又は専門のクリニックになります。

つまり、妊婦健診と出産の場所が違います。

私は1人目の時と同様、自宅から近い距離にある婦人科を選択しました。

スイスの妊婦健診は4週間に1回となります。

妊婦健診の診察前に毎回行う検査は、尿検査、血圧検査、体重測定です。

初診は経膣エコー、2回目(12週以降)は経腹エコーとなり、私の場合、毎回超音波検査が行われています。

⚫︎1回目の健診は8週目。

(2016年8月25日)

基本健診、血液検査、子宮頸がん検査、経腟超音波検査、そのほかの検査(クラミジアの検査等)

この時点で赤ちゃんの心拍が確認出来ました。

初診で葉酸サプリ(Elevit) を処方され、同じものを妊娠中期後期も飲み続けています。(1箱45.15CHF)

2017_02tokuhain_YM640×480_credit .JPG

⚫︎2回目の健診は12週目。

(2016年9月26日)

基本健診、貧血検査、超音波検査

12週目の健診時には胎児の脳から内臓・骨格まで時間を掛けてじっくり診てくれます。

またダウン症の有無も調べます。

そして『ママパス(Mutterpass)』が貰え、基本健診の結果等が記入されます。

日本の母子手帳のようなものですが、母子手帳は子供が生まれてからもずっと使うのに対し、ママパスは妊婦期間のみ使用します。

2017_03tokuhain_YM640×480_credit .JPG

さて、妊娠出産にかかる費用の大半が健康保険(Grundversicherung)でカバーされるのがスイスで妊娠出産のメリットです。

定期健診費用も無料となりますが、12〜13週目に行う妊婦健診からとなります。

私の場合、8週目の初診で心拍が確認出来ましたが、この時点での費用は実費となります。(自己負担額 276.80 CHF)

<詳細・問い合わせ>

Gesundheitszentrum Rigi AG

住所:Bodenstrasse 20

6403 Küssnacht am Rigi

電話:+41 41 829 70 00

e-mail: info[at]gzrigi.ch

website: http://www.gzrigi.ch/medizinisches-angebot/gynaekologie-und-geburtshilfe/

*現在お住まいの地域や州、またご契約されている保険会社により、異なる場合があります。事前に病院や保険会社にご確認されることをお勧めします。

この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。