スイスで妊娠〜妊娠中期〜

公開日 : 2017年02月15日
最終更新 :

≪スイス情報.comのメンバーが、スイスで妊娠した時の様子をレポートしてくれました。≫

スイスで妊婦健診の際、やっぱり困るのが『言葉の壁』。

スイスには英語を話せる医師が割と多く、外国人の私を見るとまず「英語の方がいいですか?」と聞いてくれます。

ドイツ語圏の場合、標準ドイツ語、スイスドイツ語または英語で対応してくれる先生が多いと思います。

2017_2_6_Tokuhain_ninshintyuki01_credit .jpg

(婦人科でもらった、妊娠・出産について詳しく書かれた冊子)

⚫︎3回目の健診は15週目

(2016年10月17日)

基本健診、超音波検査

健診は前回から4週間後、妊娠16週目の予定でしたが、日本一時帰国と重なるため、早めに受診しました。

⚫︎4回目の健診は21週目

(2016年11月28日)

基本健診、貧血検査、超音波検査

赤ちゃんの臓器の形や機能、血管の位置や構造などを詳しくチェック。

赤ちゃんの心臓に気になる箇所が見つかった為、後日ルツェルン州立病院(Kantonsspital Luzern)にて再度超音波検査となりました。

婦人科の医師が直接予約、1週間後(2016年12月6日)に再診で、産婦人科医2名によるダブルチェックが行われました。異常は見られないとの事で一安心。

さて、個人婦人科外での受診(州病院の専門医など) 費用も、健康保険(Grundversicherung)でカバーされます。

1人目妊娠の際には、ヘモグロビン値が非常に低かった為、ルツェルン州立病院(Kantonsspital Luzern)血液内科にて血液検査(2014年9月4日)となりましたが、その費用(910.55CHF)も保険が適用されました。

今回のルツェルン州立病院での再診費用(238.40CHF)も保険でカバーされました。

⚫︎5回目の健診は26週目

(2017年1月2日)

妊娠糖尿病検査、基本健診、貧血検査、内診、超音波検査

妊娠糖尿病検査は朝食抜きで受診。ブドウ糖75gの入った検査用の液を飲み、血糖値を測定。

飲む前、飲んだ1時間後、2時間後の3回採血を行いました。

検査結果は午後の通常健診の際にありました。

検査中は待合室にて長い時間待たなくてはならないので、本などを持参するといいです。

2017_02_tokuhain_05_YM640×480_credit .JPG

血中ヘモグロビン濃度(Hb)が妊娠中は11.0g/dl未満で貧血とされますが、私は10.1、10.3と11.0以下が続いたので、鉄剤(Gyno-Tardyferon)を処方されました。(1箱28.95CHF)

鉄剤で便秘が悪化してしまう場合があるので、その時は飲む回数を1日置きにして、様子を見るように言われました。

2017_02_tokuhain_06_YM640×480_credit .JPG

この日、婦人科でこのような『ママボックス』が貰えました。

妊娠線予防クリーム、ベビークリーム、ベビーシャンプーなどのサンプルや、離乳食、哺乳類、そしてベビー用品専門店のクーポンなどか入っていました。

赤ちゃんが生まれると『ベビーボックス』、赤ちゃんが4ヶ月以降に『ジュニアボックス』、そして4歳頃に『ファミリーボックスが貰えます。

<詳細・問い合わせ>

Gesundheitszentrum Rigi AG

住所:Bodenstrasse 20

6403 Küssnacht am Rigi

電話:+41 41 829 70 00

e-mail: info[at]gzrigi.ch

website: http://www.gzrigi.ch/medizinisches-angebot/gynaekologie-und-geburtshilfe/

*現在お住まいの地域や州、またご契約されている保険会社により、異なる場合があります。事前に病院や保険会社にご確認されることをお勧めします。

この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。