スイスで妊娠〜妊婦健診・スイスと日本で違う点〜

公開日 : 2017年02月22日
最終更新 :

≪スイス情報.comのメンバーが、スイスで妊娠した時の様子をレポートしてくれました。≫

日本に一時帰国した際(2016年10月〜11月/妊娠15週〜20週)、日本の産婦人科に3回通いました。

健診内容等は受診する病院、そして時期や健康状態によっても異なりますが、私の場合に日本とスイスで違った点をご紹介します。

●日本は健診回数が多い

日本の場合、妊娠初期~23週は4週間に1回、妊娠24~35週は2週間に1回、妊娠36週~出産までは1週間に1回と通常14回妊婦健診がありますが、スイスの場合は通常9回。

●日本は体重管理を徹底している

日本では病院によっては厳しく体重管理をするところがあるようですが、スイスでは体重の増加について細かく言われることはありません。

●日本では子宮底長・腹囲測定が毎回ある

私の通うスイスの婦人科では子宮底長・腹囲測定の測定は一度もありません。

2017_2_7_Tokuhain_JapantoSwitzerland01credit.jpg

(日本の母子手帳 基本健診結果記入欄)

2017_2_7_Tokuhain_JapantoSwitzerland02credit.jpg

(スイスのママパス 基本健診結果記入欄)

●日本では診察室と内診室が別室で、さらに仕切りカーテンが付いてる

スイスは診察室に内診台が置かれ、内診台にカーテンなどの仕切りはありません。

診察室の端にある小さな脱衣スペースで服と下着を脱ぎ、内診台まで下半身裸で移動することになります。

●日本は3D/4D超音波検査がある

スイスで私が通っている婦人科は2Dエコーのみ。

ルツェルン州立病院(Kantonsspital Luzern)で再検査をした際に3D超音波検査がありましたが、日本の方がエコー写真のクオリティーが良かったです。

2017_2_7_Tokuhain_JapantoSwitzerland03credit.jpg

(スイスのルツェルン州立病院(Kantonsspital Luzern)で撮影した3D超音波検査写真)

●日本の産婦人科には無料の託児所があるところが多い

日本の産婦人科では、保育士の方がいたので安心して息子を預ける事が出来ました。

このようなサービスがあるのは大変ありがたいです。

受診する病院の方針や医師、健診時期によって違いますが、私の場合、時間をかけてゆっくり超音波検査をしてくれるのはスイスの婦人科です。

日本には日本の良さが、スイスにはスイスの良さがあるなと感じました。

<詳細・問い合わせ>

Gesundheitszentrum Rigi AG

住所:Bodenstrasse 20

6403 Küssnacht am Rigi

電話:+41 41 829 70 00

e-mail: info[at]gzrigi.ch

website: http://www.gzrigi.ch/medizinisches-angebot/gynaekologie-und-geburtshilfe/

*現在お住まいの地域や州、またご契約されている保険会社により、異なる場合があります。事前に病院や保険会社にご確認されることをお勧めします。

この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。