スイスの幼稚園、入園初日

公開日 : 2017年09月15日
最終更新 :

≪今回は、チューリッヒ在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫

※初登園日の様子をレポートしました。

チューリッヒ州、ウールドルフ (Urdorf, Zürich)はチューリッヒ市内からも電車で13分程の、比較的便利な場所です。

そんな場所に住んでいる私達家族ですが、今年は息子の幼稚園入学時期でした。

20170822_Kindergarten_Tokuhain.92640×480_credit .jpg

スイスの入学シーズンは夏休みが終わる8月下旬。

各カントン (州)ごとに、1週間のズレがあるものの、ほとんどの学校は8月下旬が新学期です。

今年は8月22日が初登校日で、この日は、お子さんとご両親、もしくはどちらか一方、ご両親に加えお婆ちゃんも来られている方もいらっしゃりました。

共働きの場合は、保育ママ (独:Tagesmutter)と一緒に来ている子供もいるようでしたよ。

9時までに登校ということで、この日だけは遅めのスタートです。

20170822_Kindergarten_Tokuhain.95640×480_credit .jpg

登校日に用意したものは、フィンケン (スイス独:Finken)という上履きとリュックサック。

20170822_Kindergarten_Tokuhain.90640×480_credit .jpg

ツニュニタッシェ(スイス独:znünitasche)という、肩からかけるタイプのバッグを持参している子もいました。

そして、ツニュニ (独:Znüni)。

午前中に食べるおやつです。

基本は甘いものは持たせないようにとのことなので、キュウリやトマト、フルーツ、クラッカーなどを持参させました。

20170822_Kindergarten_Tokuhain.91640×480_credit .jpg

教室に入る前に、先生から自分の名前が書かれたシールを胸に貼ってもらい、円状に並べられた椅子に座ります。

そして、子供21人 (上級生と下級生)と先生1人で挨拶の歌を歌い始めたのですが、驚きました。

さすがスイスですね。

挨拶の歌の歌詞も「おはようございます」がスイスドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語と色々な言語でした。

それから手をつなぎ合って、園内を見学。

玩具がある場所やお手洗いがある場所を確認して、一人ひとり何で遊びたいかを先生に伝え、遊び始めました。

付添い人は、10時まで見学出来たのです、私達は少し早めにさよならをし、帰宅してきました。

20170822_Kindergarten_Tokuhain.93640×480_credit .jpg

初日だったのですが、この日は火曜日。

午前中が終わり、帰り際に首からかけるタイプの反射材を受け取り、一旦帰宅。

そして、日程では火曜日の午後も13時45分〜15時20分までのプログラムなので、腹ごしらえをして再び登園です。

初登園日は、この様にして幼稚園生活が始まり、一日が終わりました。

驚いた点は、上級生と同じクラスだという事。

しかし、助け合って過ごす幼稚園生活も悪くないのかな〜と思った一日でした。

これからスイスで育つ子供達、成長する姿が楽しみですね。

<スイスの幼稚園については此方もどうぞ>

http://swissjoho.com/archives/22250

撮影日:2017年8月22日

*上記の記載内容は、一個人が2017年8月時点に体験したことを元にしています。

*現在お住まいの州またはお住いの地域によって、言語、授業内容、進め方や考え方などが其々異なります。教育課程についての詳細は、学校に直接お問い合わせください。あくまでも目安としてご参考までにご活用ください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。