No.394バルビゾン派画家ミレーの全貌を解く展覧会

公開日 : 2017年11月28日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

ニュース&レポートのサイトでも記事にしましたが、現在、フランス北部リル美術館では、バルビゾン派画家のミレー展を開催中です。

394-1.jpg

ミレー展ポスター © Los Angeles, The Jean Paul Getty Museum

会期は、2018年1月22日まで。

ミレーの経歴などについて詳しくは上の記事に書きましたので、興味のある方はどうぞご覧ください。

そちらの記事に載せたように、ミレーの作品でよく知られているのは、『晩鐘』や『落穂拾い』といった風景と働く人々を組み合わせた構図です。

けれども、このミレー展では、そこにとどまらないミレー作品の全貌を眺めることができます。

例えば、ミレーが初期に多く描いたのは、家族の肖像画です。

394-2.jpg

青いドレスのポーリーヌ・オノ(早逝したミレーの最初の妻)(1841-42頃)、油彩

© Cherbourg-en-Cotentin, musée Thomas Henry

ミレー展には、人の動きを巧みに捉えたスケッチも多く並びます。見ていると、まるでカートゥーンのように今にも動き出しそうな力強さが感じられます。

私が個人的に「ああ、こういうの寝室に飾りたい!」と思ったのは、星の光る夜空を描いた作品。残念ながら、画像はアップできませんが、興味のある方、ぜひ足を運んでご覧になってください。

ミレーの作品鑑賞後は、その影響を受けたアメリカの映像や写真を並べたミレーUSA展をどうぞ。

394-3.jpg

ミレーUSA展ポスター © Washington DC, Library of Congress

特別展入場券(10ユーロ)で、二つとも観覧できます。所要時間は1時間半から2時間。11ユーロで常設展も同時に見ることができます。常設展はかなり広いので、少なくとも上に加えてプラス2~3時間を予定してください。

ちなみに、美術館内部には喫茶スペースがあり、軽食を取ることもできます。

ミレー展:2018年1月22日まで

住所:Place de la République, 59000 Lille

行き方:

メトロ1番線 République Beaux-Arts駅下車すぐ。

バスは12番、18番、Citadine、Liane1、Liane90の、停留所République Beaux-Arts下車。

開館時間:月曜:14時~18時、水・木・土・日:10時~18時、金:10時~20時

休館日:火曜日

会期中の閉館日:12/25, 1/1

その他:12/24と12/31は17時まで。12/26と1/2は火曜日ながら開館

(冠ゆき)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。