感謝の気持ちを込めて!オリジナル板チョコレート作成

公開日 : 2018年12月28日
最終更新 :

クリスマスが終わりましたが、皆さんはどのように過ごされましたか?

スイスでは日曜は「休息の日」で、スーパーやデパート、レストランなど閉まっているのが普通です。しかし、クリスマス前の日曜は特別営業をしている店も多く、最後の日曜は大きなショッピングセンターは勿論、シュヴィーツ州(Schwyz)では田舎町のスーパーも営業をしていました。

1.jpg

さて、23日(日)はシュヴィーツ州にあるミューテンセンター(Mythencenter)で毎年恒例の子供向けイベントが開催されました。

今年は地元民に愛されるシュヴィーツ生まれの洋菓子店「リュオンド(Lüönd)」主催の、板チョコレートに好みのトッピングをのせ、オリジナルのチョコを作成して、大切な人に送ろう!というイベントで、参加料は2フランでした。

2.jpg
3.jpg

とろとろのチョコレートを、シュヴィーツ州のシンボル、ミューテン山(Mythen)が大きく描かれたミューテンセンターのロゴ入り板チョコレートの型に入れてもらい、テーブルに向かうと、マーブルチョコやグミ、アーモンド、コーンフレークなど色々なトッピングが用意されていました。

4.jpg

好きなものを好きなようにのせることが出来たので、全種類トッピングする子や、大好きなモノを綺麗に並べる子と色々でした。机にはカードと色鉛筆が置いてあり、「○○から○○へ」と記入することが出来ましたよ。

5.jpg
6.jpg

さて、冷却して固まったら、オリジナルチョコレートの完成。スタッフの方が袋に入れてくれて、こんなに素敵な世界にひとつだけの板チョコレートになりました。

7.jpg

ちなみに、チョコレートは1908年シュヴィーツ州創業の老舗スイスチョコレートメーカー、フェルクリン社(Felchlin)のもの。とても美味しく、参加した子供側も、もらった大人側も皆ハッピーになりましたよ。

ミューテンセンターでは毎年クリスマス前に子供向けイベントが開催されます。機会があれば2019年に足を運んでみてはいかがでしょうか。ミューテンセンターについてはこちらをどうぞ。

<お問い合わせ>

Lüönd, Schwyzer Qualitätskonditorei, Hinterdorfstrasse

i, Hinterdorfstrasse 25, 6430 Schwyz

Tel: +41 (0)41 811 20 41

e-mail: info@luond.ch

http://www.luond.ch/ (独)

<アクセス>

所要時間: ルツェルン(Luzern)駅から約1時間

ルツェルン(Luzern)駅からブルンネン(Brunnen)方面行きの電車に乗車しブルンネン(Brunnen)駅で下車。シュヴィーツ州(Schwyz)方面2番バスに乗り換え、ミューテンセンター(Mythencenter)下車。

または、ルツェルン(Luzern)駅からルガーノ(Lugano)、もしくはザンクトガレン(St.Gallen)方面行きの電車に乗車しアルトゴルダウ(Arth-Goldau)駅で下車。エルストフェルト(Erstfeld)行きの電車に乗り換えてシュヴィーツ(Schwyz)駅で下車。リッケンバッハ(Rickenbach)方面3番バスに乗り換え、ミューテンセンター(Mythencenter)下車。

※掲載されたイベントの今年分は終了しています。翌年以降の開催日時・場所は主催者側へ事前に確認してからお出かけされることをお勧め致します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。