スイスで大晦日ディナー

公開日 : 2019年01月02日
最終更新 :

明けましておめでとうございます。

皆様、どのような年越しを過ごされたでしょうか?

スイスではクリスマスは家族とゆっくり、大晦日は友人達とワイワイ盛り上がって過ごすのが一般的ですが、我が家は家でまったりと2018年最後のディナーを楽しみました。

大晦日の夜はチーズフォンデュ、ブイヨンスープの中にお魚やお肉を入れて食べるフォンデュ・シノワ (Fondue Chinoise)、ラクレットが人気ですね。こちらではスイス一般家庭の大晦日ディナーをご紹介します。

さて、テーブルには幸せを呼ぶ虫のテントウ虫と縁起のいい動物のブタが並びました。

20190102_silvester1.credit.jpg

こちらの可愛いブタ型パンもパン屋で購入しましたよ。

20190102_silvester2.credit.jpg

前菜には冬のサラダの定番、ビタミンとミネラルが豊富なヌッスリサラート (Nüsslisalat)とパステーテ (Festtagspastete)。カリカリのベーコンがとても美味しかったです。

20190102_silvester3.credit.jpg

そして、メインにはラクレットグリルでお肉を焼きました。ベーコン、ササミ、牛肉、仔牛肉、ソーセージと色々なお肉をラクレットグリルで焼き、好きなお肉にニンニクソース、カレーソース、チリソースなど好みのソースを付けて頂きました。テーブルには他にもじゃがいもやパプリカ、トマト、玉ねぎなども並び、お肉だけでなくラクレットチーズも楽しめました。

20190102_silvester4.credit.jpg
20190102_silvester5.credit.jpg

そして、デザートには手作りのクリスマスクッキーとチョコレートを頂きました。

20190102_silvester6.credit.jpg

2018年最後のディナーをお腹がはちきれるほど食べ、年越しは近所のプライベート花火を観ながらゆっくりと新年を迎えましたよ。

皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。