フランス全土のヨーロッパ文化遺産の日「Journées Européennes du Patrimoine」

公開日 : 2019年09月21日
最終更新 :

毎年9月の第3週末(土、日)に設けられる、Journées Européennes du Patrimoine 。

今年2019年はカレンダーの関係で4週目、9月21日、22日となります。

この週末は、文化財として普段は出入りのできない大切な場所への一般公開、または通常は料金がかかる美術館や博物館、お城など、多くの場所への十条量が無料になる日です。人気の場所は朝から行列ができます。パリのエリーゼ宮殿などが代表格ですが、フランス全土でのことなので、フランスの文化財、歴史、建築物に興味のあるかたには観光が大変お得な週になります

ただ、残念なことに、今年のこの週末(つまり明日)は"黄色いベスト"の威勢がパリを中心に復活の予測をしています。そこで、多くの場所での文化遺産の日がキャンセルとなる見通しもでています。お出かけの際はまずホームページや電話での確認が必要です。

peFMzPUMTiyGA6M4plY3mw.jpg

南フランスの都市トゥールーズの隣町、アルビにあるロートレック美術館もこの日は入場が無料になります。

l4WtOH64TPmaeG4YRIQHTg.jpg

アルビにあるセントセシル大聖堂の財宝がある場所も、通常は有料な場所が無料となる日です。

IMG_8259.JPG

ジャコバン修道院も、通常は中庭の回廊へは入場料がかかります。ここも無料。

フランスの歴史、文化が好きなかたにはとっておきの週です。今後のフランス旅行への参考にもされてください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。