「Hey Siri」(ヘイシリ)がiPhone持ち主を見つけるきっかけに

公開日 : 2021年06月29日
最終更新 :
20210629_iphone-image.jpg

iPhoneの落とし物発見

数ヵ月前の話ですが、コロナ禍で「運動と言えば散歩」の頃、家族で散歩をしていると、1mほどの高さの遊歩道の柵の木の杭の上にiPhoneが置かれていました。

どなたかが、土の道の上にあったiPhoneを見つけ、杭の上に置いたのでしょう。

電池はまだ70%ほど充電されていて、落とされてからそれほど時間が経っていないと思われました。

私としてもロック解除はできないし、杭の上に置いておくか、(週末で近くの派出所は開いていないので)ベルン市内の警察に持っていくかを考えていたところ、娘が「Hey Siri、お母さんに電話して」とドイツ語で落とし物のiPhoneに話しかけました。

デジタルネイティブ世代が考えることは50の私とは違いますね~。

あいにく「お母さん」に当たる連絡先はなかったようで無反応。

娘は、次に、「Hey Siri、お父さんに電話して」と言ってみました。

すると!

Siriが電話をしてくれました!

きっと、ご両親は離婚・再婚されて、「お父さん」が複数いらっしゃるのでしょう。

単に「お父さん」ではなく、「○○父さん」という連絡先が表示され、落とし物のiPhoneがそこに電話し始めました。

すると、初老の男性らしき声がしました。

娘からの電話と思いきや、得体のしれない人物が、「娘の住所と名前を教えてくれ」というのですから、おじいさんもさぞかしびっくりされたでしょう。

おじいさん自身は、ツーン湖沿いのシュピーツにお住まいのようで、娘さんの住所は記憶されていませんでした。

おじいさんは、奥さんと思われる方に話しかけ、娘さんの住所を調べてもらいました。

その住所を聞きながら、私が自分のiPhoneのGoogle Mapで調べてみると、落とし物の地点から徒歩15分ほどのところでした。

そこで、私たちは散歩のルートを変更し、娘さんの住所へ向かいました。

Siriのお陰で無事返却

天気がよかった週末の日中だったので、娘さんは不在かもしれないと思いましたが、アパートのベルを鳴らすと若い娘さんが玄関まで降りてきました。

娘が、「これ、見つけました」と手渡すと、娘さんは、半信半疑というか、何が起こっているのか理解できていないのか、iPhoneを普通に受け取りアパートに戻って行きました......

もしかしたら、iPhoneが手元になかったのにまだ気づいていなかったのか。

見知らぬ子がアジア人女性とiPhoneを持ってきたことを不気味に思ったのか。

はたまた、本当は、わざとiPhoneを紛失し、保険を使って新しい機種にアップグレードをしたかったのに、古いiPhoneが戻ってきてショックだったのか!?

と、勘ぐりたくなるほど、とてもドライでしたね。

ひとまず、私たちとしては役目を果たし、帰宅したのでした。

それでは、今日はこの辺で!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。