No.297モンサンミシェルの聖ミシェル、しばらく留守になります

公開日 : 2016年03月16日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

ユネスコ世界遺産、フランスのモン・サン・ミシェルは、1年に200-300万人が訪れるフランス随一の観光地でもあります。

58-1.jpg

この島の真ん中にどんと聳えるのは聖ミシェル僧院。聖ミシェルはフランス語読みで、聖ミカエルという呼び名でも知られる大天使の一人です。

この僧院の尖塔には、聖ミシェルが悪の象徴である竜を退治する様子をあらわした像が置かれています。

297-1.JPG

この像が置かれたのは1897年のこと。場所が場所ですから、避雷針の役目も果たしており、傷みも激しいようです。これまでには、1935年と1987年の二回修復を受けていますが、またその修復が必要であるとしばらく前からニュースになっていました。

ただ、あの尖塔からおろすには、技術のほかにも、天候を選ぶ必要があり、これまで何度か延期されてきました。

というのも、この像、下から見るとそれほど大きく見えないかもしれませんが、実は4.5メートルの高さで、520キログラムもあるのです。

その聖ミシェル、とうとう、本日3月15日、ヘリコプターにより尖塔から無事外されました。

行き先はドルドーニュのペリグー近くにあるアトリエ・ソクラ(Socra)。まずは洗浄され、銅部分の修復を経た後、表面が金で塗られる予定だそうです。修復全作業にかかる予算は45万ユーロと見積もられています。

修復期間は明らかにされていませんが、これからしばらくは、聖ミシェル不在のモンサンミシェルとなりそうです。

しっかり磨きをかけてもらって帰ってくるのが楽しみですね。

(冠ゆき)

フランス旅行者、在住者の役に立ちそうなニュースはtwitterで流しています。良ければそちらもチェックしてください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。