「アメリカ国立建築博物館」スミソニアン博物館・ワシントンDC

公開日 : 2018年09月29日
最終更新 :
筆者 : IBIZA

今回は、数あるワシントンDCの博物館の中から「NATIONAL BUILDING MUSEUM(アメリカ国立建築博物館)」を紹介します。

NATIONAL BUILDING MUSEUM

ワシントンDCのスミソニアン博物館は入場料が無料のところがほとんどですが、中には有料の博物館もあります。アメリカ国立建築博物館も有料で入場料は、大人$10、シニア(60歳〜)・子ども(3〜18歳)・学生(証明書要)は、$7です。

Building Museum1.jpg

HISTORIC BUIDING TOURS

入場料は有料ですが、無料のツアーが平日11時半・12時半・1時半に開催されています。看板を目印に1階の広場へ開催時間に行くとツアーに参加できます。(ツアーの申し込みは「ウェブサイト」または、当日「インフォメーションデスク」で申し込み)

Building Museum1.jpg
Building Museum.jpg

また、子ども連れの訪問の場合は、子どもが遊べるようなスペースや遊び場や、(ブロックで建物を作れるコーナーなど)広いスペースがあるのでゆったり家族で時間を過ごすことも可能です。

MUSEUM SHOP

Bulding Museum4.jpg

ACCESS

<アクセス>メトロ最寄駅は、レッドライン「Judiciary Square」で地上に出ると、すぐ目の前の建物です。場所は、ダウンタウンのチャイナタウンエリアで、NBAやアイスホッケーなどスポーツ観戦ができるCapital One Arenaもすぐ近くにあるので、このエリア観光の際は立ち寄って見るのも良いと思います。アメリカ国立建築博物館Webサイト月〜土曜日 午前10時〜午後5時日曜日 午前11時〜午後5時(Building zoneは午後4時で閉鎖)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。