海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 北米 > カナダ > 交通機関情報

カナダカナダの交通機関情報

地球の歩き方がカナダの交通・鉄道・地下鉄・バス・路線図等の交通機関情報をご案内。現地在住である地球の歩き方特派員による、実体験に基づく鉄道・バス・地下鉄・タクシー利用時のあるある情報を豊富にご紹介。渡航前に知っておきたいお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




オタワの鉄道事情

日本からOttawaへのアクセスで一番多いのはトロント乗換の飛行機ですが、その他に、トロントやモントリオールからのVia Railという電車の手段もあります。
Via Railはカナダのガイドブックにも頻繁にでてくる電車でカナダ国内を西海岸から東海岸まで走っています。日本の通勤に使う電車というよりも、観光に使う電車、といった位置づけです。オタワからモントリオールへは約2時間、トロントへは約4時間半。
車内にはパソコンや携帯を繋げられるコンセントはもちろんWi-Fiも通っています。カナダ内、とくに州内や隣の州の移動には、面倒な厳重セキュリティチェックもない電車の旅はオススメです。

■記事提供:カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔
参考:ちょっぴり優雅に電車旅行

オタワの鉄道事情の写真|ピックアップ! カナダ 交通情報

(2013.10.17更新)

オタワのバス事情

バスの一回乗車は$3.40、もし一日に3回以上乗る予定があるならDaypass$7.95の方がお得です。Daypassはバスに乗った時に「DayPass Please」と運転手に伝えれば買えます。また土日・祝祭日はこのDayPassがFamilyPassに変身します。一枚で大人2人、小人4人までのバスが一日中乗り放題!!Ottawa観光は土日・祝祭日が断然お得です。

■記事提供:カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔
参考:旅行する前に知っておいた方が良いこと

オタワのバス事情の写真|ピックアップ! カナダ 交通情報

(2013.10.17更新)

カルガリーのバス事情

東西南北カルガリー市内をくまなく走っている市バスを乗り継げば、行けない場所はないと言っても過言ではありません。
料金は距離に関係なく一律大人3ドル、子供1.75ドル。おつりはもらえないので小銭を用意しておきましょう。乗る時に運転手から時間の入ったチケットをもらうと90分以内は乗り継ぎが無料になります。乗り継ぐ予定の人は必ず乗り継ぎチケットをもらいましょう。“Transfer please.”と簡単な英語で通じます。
概ね時刻表通り運行していますが、朝夕のラッシュ時は大幅に遅れることも頻繁です。冬場の雪の日は1時間以上待たされることもあります。どこにでも行けて便利ですが、時間には余裕を持って利用するといいと思います。

■記事提供:カナダ/カルガリー特派員ブログ 白柿 佳一

カルガリーのバス事情の写真|ピックアップ! カナダ 交通情報

(2013.10.21更新)

カルガリーの地下鉄事情

カルガリーには通称“C-Train”と呼ばれる市電が走っています。地下を走る区間はごく一部なので、厳密に言うと地下鉄ではありません。
ダウンタウンの一部区間を除いて料金は市バスと同じく一律大人3ドル、子供1.75ドル。券売機でチケットを買うのですが、お札が使えないので硬貨を用意しておきましょう。
駅員がいないのでチケットを持たずに乗ることができますが、警察官が定期的に車内を巡回していますので必ずチケットは買いましょう。無賃乗車はいけません。

■記事提供:カナダ/カルガリー特派員ブログ 白柿 佳一

カルガリーの地下鉄事情の写真|ピックアップ! カナダ 交通情報

(2013.10.21更新)

おすすめ旅行用品

カナダ の海外航空券

カナダのツアー最安値

カナダの現地ツアー

カナダのおすすめホテル

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■カナダ のお金情報・お金事情

成功するカナダ留学

世界の人々が一度は住んでみたいと選ぶ国、カナダ。自然と都会の調和が織りなす街並み。また、カナダ人気質のフレンドリーさも大きな魅力。1年中を通して、留学先としても大人気!広大なカナダの大自然の中で、アクティビティを思いっきり楽しもう。留学先として人気のある都市は、バンクーバーとトロント。バンクーバーはアジア系移民が多く、どことなく親しみやすい。トロントはモザイクシティと言われるほど多種多様。

1週間からOK!カナダ短期留学カナダでワーホリカナダの語学学校をチェックカナダ記事(留学blog)


北米にもどる