海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > 電子書籍 > ガイドブック A ヨーロッパ > 地球の歩き方 A06 フランス 2019-2020 【分冊】 2 ブルゴーニュ/フランシュ・コンテ

電子書籍

地球の歩き方 A06 フランス 2019-2020 【分冊】 2 ブルゴーニュ/フランシュ・コンテ

電子版希望小売価格:¥ 300
配信開始月:2018年12月
ページ数:約42ページ

ワインと料理で世界中のグルメを魅了。教会建築などモニュメントも多い。森と渓谷が多く、アウトドア派にもおすすめ。

パリから車で1時間のブルゴーニュは美食とワインの里です。
ブルゴーニュの東、スイス国境までの一帯をフランシュ・コンテと呼びます。「ジュラ」と呼ばれる森林と河川が生み出す景観を楽しめます。世界遺産ヴォーバンの城砦、アルケ・スナンの王立製塩所、ロンシャン礼拝堂など見どころもいっぱいです。

パリから南東に1時間も車を走らせると、なだらかな起伏のあちこちに、白壁に赤い屋根の集落が点在するようになる。ブルゴーニュ地方はフランスの食糧庫だ。ブルゴーニュ公国の首都であったディジョンを中心に、南に続く「黄金の丘」、起伏の多い森林地帯、そこからロワール川につながる豊かな高原地帯、そしてソーヌ溪谷と、緩やかではあるが変化に富んだ地形が続く。それらの斜面ではフランス特有の丈の低いブドウの木が植えられ、あるいは食肉用の白牛シャロレが群れをなす。パリとはうって変わった強い日差しのなか、勤勉なこの地方の人たちが仕事に精を出しているのも見える。豊かな実りを思わせる光景だ。
ブルゴーニュの東、スイスとの国境まで広がる一帯がフランシュ・コンテ地方だ。ジュラ山脈に沿って、その麓に広がっているため、「ジュラ」と呼ばれることも多い。「ジュラ」とはラテン語で森林のこと。その名のとおり緑と水に恵まれた地方で、森林と河川が生み出す自然の景観を楽しめる。地質学で使われる「ジュラ紀」の言葉を生んだ地でもある。産業としては、17世紀から時計作りが盛んで、19世紀に全盛を極めた。日本からの観光客はまだまだ少ないが、世界遺産に登録されたヴォーバンの城砦があるブザンソンをはじめ、アルケ・スナンの王立製塩所、ル・コルビュジエが設計したロンシャン礼拝堂など、見どころも多い。


●本書掲載のエリアとおもな都市と観光地
【ブルゴーニュ】ディジョン、クリュニー、トゥルニュ、フォントネー修道院、スミュース・アン・オーソワ、ボーヌ、ニュイ・サン・ジョルジュ、ヴェズレー、オーセール、サンス、オータン、ソーリュー
【フランシュ・コンテ】ブザンソン、アルボワ、オルナン

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。

おすすめの記事