海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > ポルトガル > ビザ・パスポート・入出国

ポルトガルポルトガルのビザ・パスポート・入出国

地球の歩き方がポルトガルのビザ・税関・検疫・予防接種などをご案内。ポルトガルへ渡航する際、ビザが必要か不要か、ビザの種類や申請方法、パスポートの残存有効期間についてなど、渡航する際の注意事項や、入出国に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




入出国とビザ

【ビザ(シェンゲン・ビザ)】
観光を目的としてポルトガルに入国する場合、6ヵ月間で90日以内の滞在の場合はビザの取得不要。
※ポルトガル入国の際には往復予約済の航空券が必要

【パスポート】
ポルトガル出国時に3ヵ月以上の有効残存期間と査証欄の空白ページ(2ページ以上)が必要。

※シェンゲン協定
2018年1月現在、シェンゲン協定実施国は、アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク。
日本など協定加盟国以外から入国する場合、最初に到着した協定加盟国の空港で入国審査を受ける。

入国手順

【ポルトガル入出国】

 リスボン、ポルト、ファーロ、マデイラ諸島のフンシャルなどに国際空港がある。入国・出国の手順はどこも同じ。

【ポルトガル入国】

1. 入国審査
 パスポートを提示。何か質問されることはほとんどない。シェンゲン協定加盟国を経由して入国する場合は、ポルトガルでの入国審査は不要。

2. 荷物の受け取り
 搭乗した便名のターンテーブルで待つ。預けた荷物が万一出てこなかったら、荷物引換証(バゲージクレームタグ)を提示してロストバゲージに申し出る。

3. 税関申告
 ポルトガルへの持ち込み品が免税内であれば、申告する必要はないので、緑色のゲートからそのまま出口へ。免税範囲を超える場合は税関申告書を提出する。

出国にあたって

【ポルトガル出国】

1. 搭乗手続き
 空港でのチェックインは通常2時間前から。余裕をもって空港へ向かおう。航空会社のカウンターで、パスポートと航空券を提示して搭乗券を受け取る。

2. 出国審査
 パスポート、搭乗券を提示する。何か尋ねられることはほとんどない。搭乗時間まで、免税店で最後のショッピングを楽しもう。

3. 免税手続き
 免税手続きが必要な人は、出国審査を抜けた所にあるキャッシュ・リファンド・カウンターへ。混雑していることもあるので時間には余裕を。

【シェンゲン協定加盟国】
 2018年3月現在、シェンゲン協定に加盟しているのは、アイスランド/イタリア/エストニア/オーストリア/オランダ/ギリシャ/スイス/スウェーデン/スペイン/スロヴァキア/スロヴェニア/チェコ/デンマーク/ドイツ/ノルウェー/ハンガリー/フィンランド/フランス/ベルギー/ポーランド/ポルトガル/マルタ/ラトビア/リトアニア/リヒテンシュタイン/ルクセンブルクの26ヵ国。
 加盟国間では、国境での旅券審査は行われない。つまり、日本から上記の国を経由してポルトガルへ行く場合は、経由地の空港で審査があるため、ポルトガルでの入国審査は不要となる。

【リコンファーム】
 利用する航空会社によっては、帰国便のリコンファーム(予約再確認)が必要。原則として出発の72時間前までに、航空会社の事務所に直接出向くか電話をかける。

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは
■海外旅行中のスマホ利用 これだけ知っておけばOK

ヨーロッパ の海外航空券

ポルトガルのツアー最安値

ポルトガルの現地ツアー

ポルトガルのおすすめホテル

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■ヨーロッパ のお金情報・お金事情

ヨーロッパにもどる