【ポルトガル】モンフォルティーニョ温泉に行ってきました

公開日 : 2024年01月12日
最終更新 :
筆者 : 東リカ

ポルトガル本土の有名な温泉

温泉施設の外観
温泉施設の外観

前回ご紹介したモンサント旅行のもうひとつの目的地が、モンサントから車でさらに東、スペインとの国境沿いにある温泉、モンフォルティーニョ(Termas de Monfortinho)でした。

ポルトガル観光局のサイトによるとモンフォルティーニョ温泉は、「ローマ時代の遺跡があることからローマ人植民地時代に使用されていたと考えられている(ただし、「この温泉の使用について信頼できる証拠があるのは17世紀以降のみ」)という老舗温泉で「1940年代に新たな施設が建設されるとともに重要な温泉地となり、今日では国内で最も有名な温泉のひとつ」とのこと。

ここで疲れをゆっくり癒やしたいと思ったのでした。

温泉プールとスパサービス

温泉施設の入り口
温泉施設の入り口

こちらの温泉の利用方法は、受付で希望のメニューを選んで、水着に着替えてそれぞれの施設へ出かけるというもの。
最もベーシックなのが温泉のプール(Piscina)です。2時間で15ユーロ。次が4時間+ハイドロマッサージで25ユーロ。他にはお風呂、各種マッサージなどがメニューにあります。私たちが出かけた時は、自分たち以外にカップルが1組いただけでガラガラでしたが、マッサージなどスパメニューは事前予約がおすすめとのこと。

今回は、家族で楽しめたらいいかな、と思いプール4時間+ハイドロマッサージを選んでみました。
こちらはスイムキャップとプール用サンダル着用が義務付けられています。持参しなかった場合はレンタルしなければいけません。
ロッカー、バスローブ、タオルは預かり金を支払う形で借りられます。

温泉のプール
温泉のプール

冬に温泉、楽しみ〜と思っていたのですが、プールの水温は30度くらいでめちゃくちゃ寒く、とても4時間なんていられませんでした。1時間が限界。しかも一度この場所を離れたらもう戻れないというなかなかひどい仕組みです。

ハイドロマッサージは、別のフロアの個室に移動して、各自ジャクジーに入るものですが、こちらも熱くはない。正直、リラックスとは程遠かったです。

温泉の効能はあるのかも

飲料用温泉水
飲料用温泉水

水は無色透明でサラサラしていて、熱くもない……と物足りない気持ちだったのですが、温泉水はとても飲みやすかったです。「強いから、1日1杯にするように」と注意とともに、持ち帰り用に水筒にも入れてくれました。

そんな注意を聞いて、「気がついてないものの、効能があるのかも?」と思い直しました。施設に入った時は気がつかなかったのですが、入口にこの温泉であざが消えた的な写真の説明もありました。お客さんのことを「患者さん」と呼ぶくらいなので、温泉を楽しむよりも湯治目的の人が多いのかもしれません。実際、その晩は温泉疲れ?
を感じて、早い時間からものすごくぐっすり眠れました。
なお、効能は、呼吸器、循環器、リウマチ、筋⻣格、消化器、腎尿、代謝内分泌系とのことです。

宿泊はお隣のホテルがおすすめ

ホテルから温泉施設への専用歩道
ホテルから温泉施設への専用歩道

この温泉施設には宿泊できませんが、近くにホテル・フォンテ・サンタナ(Hotel Fonte Santa)というホテルがあります。このホテルと温泉施設は専用の遊歩道で結ばれていて、徒歩で5分くらいでしょうか。

ホテルにはプールやバイクパス、テニスコートがあって、多分夏場はにぎわうはずです。
冬場はゆっくりとしたいお客さんが泊まるのだと思います。私たちは2泊しましたが、朝昼晩、3食ホテルで食べて、どこにもいかずダラダラ過ごしました。
実はサウナもあって、受付に使用したいと告げると「30分待って」と言って温めてくれました。こちら貸切状態だったので(多分、誰もあるって知らない)、ダラダラとドライとスチームサウナを行き来して過ごして、すっかり温まりました。あと、バー+暖炉のあるエリアもいい感じでした。

温泉は冬向きではないと思いますが……夏ならアリかもしれません。

(撮影by東リカ)
※撮影写真の掲載許可をいただいています。
※写真の無断転載禁止

Termas de Monfortinho

住所
Balneário Termal das, 6060-072 Penha Garcia
電話
+351 277 430 320 (固定)、+351 963 313 253(携帯)
営業時間
9:00〜13:00、15:00〜19:00(昼間に一度閉まるようなのでご注意下さい)

筆者

ポルトガル特派員

東リカ

ポルトガル、リスボン在住のフリーライターです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。