シンガポールの旅2024夏〈1〉シンガポールの歩き方

公開日 : 2024年07月11日
最終更新 :
筆者 : 水月

こんにちは~山梨特派員の水月です。
2024年7月。3泊5日で、シンガポールを旅してきました。

成田空港11:10発 → シンガポール・チャンギ空港17:20着。
日が暮れる頃にマーライオンがいるマリーナ・エリアに到着。 
その日から3泊して、4日目は丸1日遊び、チャンギ空港23:55分発 → 翌日の朝成田空港着。
旅程は5日間ですが、実際には3日半、シンガポールを歩けるプランです。

マーライオンパーク辺りから眺めた「マリーナベイ・サンズ」
マーライオンパーク辺りから眺めた「マリーナベイ・サンズ」

シンガポールの日の入りは、午後7時過ぎでした。日の出も朝7時過ぎ。1年を通してだいたい7時頃なのだそうです。
平均気温は、日本の7月より少し高いくらい。でも、曇っていたので3日間の平均は、30℃くらいでした。日本より、涼しかったかも。

マリーナ・エリアにあるプロムナード駅の入口
マリーナ・エリアにあるプロムナード駅の入口

さて。シンガポールの中心部を歩くなら、「MRT(Mass Rapid Transit)」が便利です。
郊外を走る「LRT( Light Rall Transit)」と電車は2種類ですが、中心部のみを歩いたのでMRTしか使いませんでした。
MRTの入口は、上の写真の緑に黄色のロゴが目印。

プロムナード駅の路線図
プロムナード駅の路線図

運賃の支払い方法は、主に3つ。どれも、Suicaのようにタッチで改札を通れます。

・イージー・リンク・カード(EZ Link Card)
路線バスとMRT両方に使えるプリペイドカード。カード代に$5(返金不可)が必要だが、残額は返金可能。残額が足りなくなったらチャージが必要。コンビニ、チケットオフィスなどで購入。

・シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)
旅行者向けの乗り放題パス。路線バス&MRT利用可能。1日$22、2日$29、3日$34。デポジット$10を、5日以内なら返金可能。コンビニ、チケットオフィスなどで購入。

・シンプリーゴー(simply Go)
クレジットカード、スマホ決済。日本のクレジットカードでは、1回に$0.6の手数料がかかる。カードを購入する必要なし。

1回の乗車に必要な金額は、$1~$3ほど。利便性と3日間で使える金額を考えて、シンプリーゴーを選びました。
VISAカードとマスターカードを試しましたが、どちらも問題なく改札をくぐることができました。
シンガポールでは、VISAカード、マスターカードが浸透しているようです。
路線バスには乗っていないので、使えるかどうかは不明です。

プロムナード駅のホーム
プロムナード駅のホーム

MRTは、大江戸線のごとく地下深くを走っている地下鉄でした。
電車の写真を撮りたかったのですが、ホームには安全対策のバリアが施されていて、写真は撮れませんでした。

そうそう。注意すべきは、車内ルールの厳しさです。
シンガポール国内では、路上にゴミを捨てても罰金。チューイングガムは、国内に持ち込み禁止という厳しさなので、車内に限ったことではありませんが。

MRTの車両にあった注意がき
MRTの車両にあった注意がき

飲食禁止。喫煙禁止。火気厳禁。そして、ドリアン持ち込み禁止。
最初の3つには、罰金が課せられるようですね。

サンテックシティのダックツアーズバス乗り場
サンテックシティのダックツアーズバス乗り場

そのほか、郊外の「ナイト・サファリ」への往復は、ダックツアーズのバスを使いました。
マリーナ・エリアの「サンテックシティ」⇔「サファリゲート」で、片道$8。タクシーを使うと片道$25~30ほどらしいので、人数によって選ぶとよいでしょう。ただ、「ナイト・サファリ」は帰りが夜遅くなるとタクシーがつかまるかちょっと不安。バスを予約しておけば安心だと思います。

中心街では、Grabも使いました。アプリをダウンロードしていけば、いざというとき便利ですね。

カルチャーショックだったのは、駅と隣接したショッピングモールがつながっていなかったこと。
日本でいう「駅ビル」の概念がないのかもしれません。
どこから駅に行けるのだろうと、ずいぶん歩き回ってしまいました。
今月は、そんなシンガポールの旅の様子をアップしていきたいと思います。

「ホーカーズ」「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」「チャイナタウン」「ナイト・サファリ」などなど。
どうぞお楽しみに。

筆者

山梨特派員

水月

2000年に山梨県北巨摩郡明野村(現 北杜市明野町)に移住。田舎暮らしを始めました。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。