お酒好き必見!世界のお酒が集まるイベントと人気のお酒3つをご紹介

公開日 : 2024年06月14日
最終更新 :

世界のお酒が大集合! 醸造所、蒸溜所、インポーターをはじめ、お酒関係の会社や機関が一堂に会する巨大イベント、「東京インターナショナルバーショー2024」が東京ドームシティのプリズムホールで開かれました。総入場者数は約1万4500名(主催者発表)で、昨年同様、大盛況でした。今回は、イベントで登場したもののうち、3つのお酒について特徴をご紹介します!

1. スコッチだけじゃない!意外な国のウイスキー

フィンランド産の素材で蒸留されたウイスキーの数々。スコッチやジャパニーズとは違う味わいに注目
フィンランド産の素材で蒸留されたウイスキーの数々。スコッチやジャパニーズとは違う味わいに注目

ウイスキーといえば、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、ジャパニーズ(日本)の5大国が知られていますが、ウイスキー新興国にも注目が集まっています。

そのひとつが北欧のフィンランド。ウォッカやアクアビットなどのアルコール度の強い蒸留酒のイメージが強い北欧ですが、フィンランドでは、地元の材料にこだわったウイスキーを生産。家飲み派をはじめ、近年静かな人気を集めてきています。

2. ブラジルの国民酒「カシャッサ」

カクテルベースとして、バリエーション豊かな飲み方ができるカシャッサ
カクテルベースとして、バリエーション豊かな飲み方ができるカシャッサ

サトウキビの搾り汁を蒸溜して作られるカシャッサは、政府の厳しい基準をクリアしたものだけが名乗れる、ブラジルの国民酒。

熟成用の樽に使われる30種類以上の木が、ブラジルの雄大な自然を感じさせる味と香りを醸し出す、ボタニカルなお酒です。そのまま飲むと度数がかなり強いですが、砂糖とライムを加えたカクテル「カイピリーニャ」をはじめ、カクテルのベースとしても人気。

ブラジル産のパッションフルーツと練乳を加えた「バチーダ・ヂ・マクラジャ」、ココナッツミルクを加えた「バチーダ・ヂ・ココ」などのバリエーションもあり、飲み比べてみるのもよさそうです。

3. 日本から世界に発信されるお酒たち

有名ブランドが高値で取引される一方で、地方発のジャパニーズ・ウイスキーにも注目が集まっています。
有名ブランドが高値で取引される一方で、地方発のジャパニーズ・ウイスキーにも注目が集まっています。

日本酒以外のお酒にも注目が集まっている日本。

静岡にある静岡蒸溜所では、世界でもここだけと言われている薪の火で蒸溜するポットスチルを持ち、独特の風味を引き出したシングルモルトを生産しています。

エシカル、すなわち倫理的なポリシーのもと、環境への配慮も怠らずに生産されているジンの数々
エシカル、すなわち倫理的なポリシーのもと、環境への配慮も怠らずに生産されているジンの数々

また東京・蔵前のエシカル・スピリッツは、日本酒の酒粕を使ったジンを開発。コロナ禍などの影響により捨てられる運命にあった酒粕を使用し、ユニークな風味のジンに仕上げています。これら日本初のウイスキーやスピリッツが、世界の一級品と肩を並べる日も近いかもしれません。

イベント情報

バーショーの様子
バーショーの様子

「東京インターナショナルバーショー」は、世界各国でその地域の名前を冠して開催されているイベント。日本では2012年にアジアで初めてのバーショーとして「東京インターナショナルバーショー」が開催され、2020年~22年をのぞき毎年開催されています(昨年の様子はこちら)。

毎年、会場を変えて2日間開催されますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

まとめ

会場を歩きながら、こんな国にこんなお酒があるんだ! と、お酒に対する認識を新たにしました。そのバックグラウンドにあるお国柄や歴史にも興味津々、まさに「酒に歴史あり、歴史に酒あり」。今宵も、世界お酒旅行に飛び立とうではありませんか!

TEXT&PHOTO:秋山 岳志

世界の歴史は酒とともにあり!『地球の歩き方 旅の図鑑 W27 世界のお酒図鑑』

ご当地酒をたしなむことは旅の醍醐味のひとつ。長年海外取材をしてきた地球の歩き方が、各国の外せない地ビールやワイン、ハードリカーにカクテルなど、ちょっとした雑学とともにご紹介。お酒を通して世界にふれられる一冊です。

今回紹介したお酒が掲載されているページ

お酒の種類 ページタイトル 掲載ページ
ウイスキー 世界のウイスキー A to Z、フィンランド p.18、113
カシャッサ ブラジル p.178
ジャパニーズ・ウイスキー 日本 p.32

筆者

地球の歩き方ウェブ運営チーム

1979年創刊の国内外ガイドブック『地球の歩き方』のメディアサイト『地球の歩き方web』を運営しているチームです。世界約50の国と地域、160人以上の国内外の都市のスペシャリスト・特派員が発信する旅の最新情報をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。