コロナウイルスが増加傾向にあるベイエリア、6月中旬の様子

公開日 : 2024年06月15日
最終更新 :
筆者 : Katie M

夏休みがはじまり、サマーキャンプや夏のアクティブティで移動が増える季節を迎えたアメリカ、ベイエリアでは再びコロナ感染の増加が話題となっています。今週のサンフランシスコの様子をレポートします。

コロナ感染、再び増加傾向か

筆者を含め周囲でコロナ感染が増加しているなか、ベイエリアでは現在、カリフォルニア州のどの地域よりもウイルス性廃水が多いということが、カリフォルニア州公衆衛生局により明らかとなりました。報告によると、過去21日間にサンフランシスコ全域で採取された廃水サンプルから「一貫して高濃度」のSARS-CoV-2が検出されたということ。ウイルスは検査を受ける前に排出されるため、この廃水モニタリング方法は、無症状の人のデータも含めながら、今後の急増を予測するのに役立つとされています。

また、サンフランシスコ以外では、6月11日時点で、バレイホ・ノバト・コントラコスタ郡西部・サウサリート・パロアルト・サニーベール・サンノゼでもCOVIDの濃度が高いことが報告されており、感染が広範囲に及んでいることがわかります。ベイエリア周辺在住の方は、感染に十分気をつけてお過ごしください。

プライド月間が開始!

6月のプライド月間が始まったサンフランシスコ、市内でもカラフルなレインボーの旗を多く見かけるようになりました。毎年月の最終週末に行われる「San Francisco Pride & Parade 2024」に向けて、市内でもさまざまな準備がはじまっています。今年のプライドウィークは、6/29 & 6/30。シビックセンターにて、さまざまなイベントが催されるほか、6月30日はパレードも開催されます。

ベイエリア今週末のイベント

今週末にチェックしたいイベントをいくつかご紹介します。

  • 6/15 & 6/16:North Beach Festival:市内最大級のストリートフェアとされる、毎年恒例のノースビーチの屋外フェスティバルが今週末開催されます。ライブミュージックはもちろん、ビアガーデン、動物との触れ合いコーナー、イタリアンストリートペインティング、チョークのお絵描きイベントなど内容も盛りだくさん。リトル・イタリーとして知られるノースビーチ、イタリア料理の屋台も楽しめます。
  • 6/16:JUNE SUMMER SUNDAYS:フェリービルのマーケットプレイスで開催され、誰でも参加可能の無料イベント。6月16日は父の日に向けたプレゼントのクラフト作りを楽しめます。イベントは朝11時より。

最後に

このコラムを書いている2024年6月13日現在、サンフランシスコの市のデータによると、今週1週間のサンフランシスコのコロナ感染陽性率は4.3%。先週だけ減少傾向にシフトしましたが、今週は再度4%まで増加しています。カリフォルニア州の平均陽性率ですが、コロナ感染陽性率は5.3%。州全体に関しては、ここ2ヶ月ほど増加傾向です。インフルエンザ陽性率は3.2%。インフルエンザはほぼ変わりなく安定した陽性率です。

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

Katie M

18歳での留学をきっかけに渡米。現地で役立つライフスタイルやトレンドなどを紹介します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。