海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 海外レンタカー・海外ドライブ情報 > アメリカレンタカー・ドライブ情報 > 基本情報(1)

メール プリント もっと見る

アメリカアメリカドライブ・レンタカーの基本情報1

旅行にビジネスに留学に、アメリカをより楽しむためのアメリカレンタカー活用法をご紹介します。

アメリカレンタカー基本情報

1. アメリカの交通ルールについて(日本との違い)

1-1.ハンドル・走行レーンの違いについて

ハンドル・走行レーンの違いについて
アメリカは右側通行だ。ちょっと不安に思う人も多いと思うが、意外とすぐに慣れるという声が多い。特に注意したいのは、駐車場などから対面交通の道路へ出る際に、周囲に車がいない状況下だ。無意識に左斜線に入ってしまいがちだ。ハンドルの位置も左だが、走行レーンが右側通行だから、それほど違和感も感じない。左ハンドルも、少しの運転時間で意外とスムースに慣れていくだろう。

1-2.制限速度について(違反をしてしまった場合の情報を含みます)

制限速度について
アメリカの交通法規には、州政府によって決定され、州ごとに違う法規が多く、同じ番号のインターステートを走っていても、州が変わると制限速度が変わってしまう。 州境が近づくと必ず標識が出てくるし、ハイウエイパトロールも待機して、速度違反者に目を光らせているので、制限速度の変化に気をつけたい。 スピード違反をすれば、相応の罰金が科せられる。罰金は超過速度によって50~100ドル程度。駐車違反の罰金は(地域により異なる)40ドル以上で、21日を過ぎると80ドルを超える請求に跳ね上がってしまう。 確実なのは、罰金郵送先の住所になっている罰金処理専門オフィスへ出向いて支払うこと。次に、郵便局や銀行出向いて、罰金の額のマネーオーダーを作ってもらい、違反チケットに付いていた封筒に入れて、切手を貼って郵送する。英語力が必要だが電話でカード支払いが可能という地域もある。日本へ帰国してから、外国為替で支払うこともできる。

1-3.交差点での注意事項

交差点での注意事項
日本にはないルールとして、信号のない交差点での優先順位がある。交差点ではもちろん、一旦停止するが、その前に交差点に一番先に入った車から出発する。どちらが先か微妙な場合は、自分より右側にいる車が優先となる。さらに、ドライバーはそれぞれ、「そちらが先だから、お先にどうぞ」というジェスチャーやアイコンタクトで確認しながら、安全に出発する。ちょっと現地の事情を知る人には、「赤信号でも右折は進めでしょ?」と誤解されていることもあるが、基本的には赤信号は止まれである。信号で一度停止して、左方向からの直進車が完全に途切れた時に、歩行者と車が来ないことを確認した上で右折をしても良いというだけである。もちろん「NO TURN ON RED」(赤信号時右折禁止)の標識があれば、右折はできない。危険なので、絶対、見落とせないサインだ。

1-4.駐車について(違反をしてしまった場合の情報を含みます)

駐車について
駐車について
アメリカで車を止める場合、郊外では、ほとんどの場所に無料の駐車場があるので困らないのだが、問題は都市部のダウンタウン。ダウンタウンの場合は、公共の有料駐車場、路上のパーキングメータ、目的先のバレーパーキング(車寄せでの駐車委託)が主な駐車場となる。ちょっとの間だからと違反駐車をすれば、あっという間に駐禁のチケットが張られ、罰金の請求がされる。アメリカでの駐車禁止の取締りは大変厳しい。日本でも導入されはじめたが、駐車違反の取締りを専門的に民間委託しているため、常に監視体制ができている。駐車違反への罰金支払いも、スピード違反の罰金支払い方法と同様。最もしてはいけないことは、そのまま無視すること。レンタカー会社の契約者情報から日本まで請求は追ってくるし、さらに期限を過ぎれば滞納金が追加されてしまう。最悪は、再度の渡米の入国審査に係わる事態に至ることも考えられる。

アメリカレンタカー基本情報

編集部ブログ最新記事

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方ガイドブック編集部

地球の歩き方シリーズの新刊案内や発行スケジュール、編集部おすすめの本を一挙ご紹介 続きを読む

アメリカ特派員ブログ最新記事

夏に行きたい!人気のルーフト…
17/08/14 16:19

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

夏に行きたい!人気のルーフト…
8月も半ば。このところ、そんなに蒸し暑さを感じさせない天気が続く。もともと… 続きを読む

アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 >>アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

旅のパーツを探す

損保ジャパンが提供するoff!は、インターネットから手軽に申し込めます。お得な上に補償内容も充実。