サンフランシスコ観光オムニバス6月

公開日 : 2024年06月29日
最終更新 :

プライド月間の6月は早くからLGBTQフラッグがたなびいていました。今年のプライドパレードは、残念ながらライブでは見れないのですが、それまでのサンフランシスコの小さいできごとをまた集めてみました。

オークの木の種類

オークの木・種類が違います
オークの木・種類が違います

先日、何気なく撮った写真に3本のオークの木が写っていました。個性的だと思っていたら実は全部違う種類のオークだってのです。
◾️手前・白っぽい幹で垂直に立っている:ホワイトオレゴンオーク
◾️真ん中・赤っぽく途中から枝分かれしている:サザンライブオーク
◾️最も奥・いきなり枝が分かれている:コーストライブオーク
オークの名前で”ライブ”と命名されているのは落葉しない種類なのだそうです。

物知り先生と一緒だと、とっても勉強になった某日でした。

ほがらかなれど辛い歴史・ピンクトライアングル

ツインピークス・クリスマスツリーポイント
ツインピークス・クリスマスツリーポイント

年を追うごとにプライドマンスの準備が早まっている気がするサンフランシスコですが、早々に華やかなフラッグが各所に設置され、景勝地ツインピークスにも恒例となったピンクトライアングルが設置されました。

ピンクトライアングルってどんな意味かご存知ですか?
これはホロコーストで強制収容された人たちの罪状識別バッジの一種です。逆三角形は警告の意味を表し、色は罪の色。ピンクは、男性同性愛者という罪状す。これにはレイプ犯、幼児性愛者、動物聖愛者、発達障害や体の不自由な方も含まれています。紫は、キリスト教や少数の新興宗教。政治犯や社会主義者は赤の逆三角形。また反社会的素行女性(レズビアン)は、セックスワーカーも含め黒の逆三角形をつけられて、なんと男性用収容所に入れられたのだそうです。他にも思想や心身的に普通ではないと認められた人たちも強制収容所行きでした。まったく理解できない罪状ですが、当時は咎められ個性やユニークさや考えの違いはすべて悪だったのです。

6月は、過去の負の歴史の振り返りの月でもあります。

ジャンボフラッグ&ピンクトライアングル
ジャンボフラッグ&ピンクトライアングル

SFO国際線Gゲートのアウトドアテラス&展望台

国際線・Gゲート付き当たり
国際線・Gゲート付き当たり

Gのセキュリティ通過後、いつもはナパ・ファーム・マーケット、マスタード・バー・グリル、チョコレート・マーケットなんかで時間潰しなのですが、ちょっと足を延ばして端まで歩いてみました。12番ゲート(G12)北京行きは、UA888という中国人の大好きな数字の8が3つもついています。さすがユナイテッド航空さんも粋な計らいをしてくれているんですね。G12の先には「1300・オン・フィルモア バー&フード」があり、さらにその先にアウトドアテラスと展望台ができていました!

オープンスペースができていました
オープンスペースができていました

多肉植物の花壇や作家ウッディ・オセロのブロンズ彫刻やガラスパネルで風は和らぎ、でも空気を感じるスペースは毎日7:00〜23:30オープン。整然と駐機している飛行機もすがすがしく、これから出発するぞーと胸が高鳴ってきます。旅立ち前、時間があったら訪れてみてくださいね。

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ在住ビアジャーナリスト。全米のクラフトビール探求の日々、訪問したブルワリー、タップルーム情報は随時投稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。