海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > 中国 > 北京 > 観光スポット > 明十三陵(みんじゅうさんりょう)

中国明十三陵(みんじゅうさんりょう)míngshísânlíng

北京イメージ

北京中心部から北西に約50km、昌平区の天寿山南麓にある明代皇帝の陵墓群。中国に現存する皇帝陵墓群としては最大規模で、古代エジプトの王墓群になぞらえて中国の「王家の谷」とも呼ばれている。
明十三陵の名は、明朝16皇帝のうち、13人の皇帝の陵墓があることから。1409(明の永楽7)年の着工より1644年の明朝滅亡まで、その造営期間は延べ200年余りにわたり、広さは陵区(陵墓エリア)だけでも40km2に及ぶ。2003年には世界文化遺産に登録されている。
現在、観光客に公開されているのは陵道(参道)である神路と、定陵、長陵、昭陵の3陵墓。敷地内には、出土した遺品を展示する博物館などもある。
300年近くにわたって中国を支配した明朝の、巨大権力の象徴としてのみ捉えられがちな明十三陵。緑茂る陵内で、地下深くに眠る皇帝たちに思いをはせる時、栄枯盛衰の歴史が見えてくるのではないだろうか。

●神道
明十三陵最初の陵墓、長陵への参道として造られ、後にすべての陵墓へと続く参道となった。全長約7km、南から石碑坊、大紅門、碑楼、石像生、龍鳳門などが並び、いちばん北には神道博物館がある。

住所
昌平区長陵鎮十三陵
交通アクセス
(1)地下鉄2号線「积水潭」。徳勝門で872路バスに乗り換えて「大宮門」「南新村」「昌平胡庄」

(2)地下鉄昌平線「昌平東関」。西へ300mにあるバス乗り場(「昌平東関」)で314路バスに乗り換えて「大宮門」「昌平胡庄」
TEL
神道博物館:89749383※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
中国への電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
4~10月:8:00~17:30
11~3月:8:30~17:00
所要時間
2~4時間
定休日
なし
料金
4~10月:30元
11~3月:20元
注釈
※上記は神道の情報

地球の歩き方からのオススメ情報

ペキン(北京)のおすすめホテル

中国 の海外航空券

ペキン(北京)のおすすめツアー

ペキン(北京)の現地ツアー